違和感
ピエール瀧容疑者の逮捕を受けて、所属レコード会社のソニー・ミュージックレーベルズは、瀧容疑者と電気グルーヴ関連の商品を回収、販売停止にすると発表。また、出演中の大河ドラマ「いだてん-東京オリムピック噺-」(NHK)はピエール瀧容疑者の代役に三宅弘城を立てて出演シーンをすでに放送済みの回も含めて撮り直しすることとなりました。

こうした事態を受けて発言をしたダウンタウンの松本人志と、爆笑問題の太田光の“是非論”の違いに注目が集まっています。

3月17日に放送された「ワイドナショー」(フジテレビ系)で松本人志は自身の監督経験を踏まえて〈ドーピング作品になってしまうので、僕は、監督としては公開して欲しくないですけどね〉と発言。一方で同日、爆笑問題の太田光はラジオ番組「爆笑問題の日曜サンデー」(TBSラジオ)で〈芸術は悪い面と良い面を引き離せない。どうしても引き離して考えようとするけど、同時にあるからこそ優れた芸術であって。“善と悪”という考えも誰にとっての“善と悪”というもので変わってくるんだけど…〉と語っています。



■松本人志と太田光に見識の差が如実!ピエール瀧作品に対する“反応”

p000

 ピエール瀧容疑者の逮捕を受けて、所属レコード会社のソニー・ミュージックレーベルズは、瀧容疑者と電気グルーヴ関連の商品を回収、販売停止にすると発表。また、出演中の大河ドラマ「いだてん-東京オリムピック噺-」(NHK)はピエール瀧容疑者の代役に三宅弘城を立てて出演シーンをすでに放送済みの回も含めて撮り直しすることとなり、4月5日に公開を控えている映画「麻雀放浪記2020」は、再撮などの再編集が間に合わない点と、観客が自らの判断で料金を支払い観賞するクローズドなものであるとして、予定通りの公開を決定した。

「こうした事態を受けて発言をしたダウンタウンの松本人志と、爆笑問題の太田光の“是非論”の違いに注目が集まっています」(芸能ライター)

(抜粋・全文は以下のリンクより)

松本人志と太田光に見識の差が如実!ピエール瀧作品に対する“反応”

■松本人志 Twitter


このニュースに対しネットでは、「太田と松本?同じ土俵に上げちゃ駄目」「この件については太田に軍配(´・ω・`)」「太田なんか何言ってもネット民にすら相手にされてないやんw」「これは単純な話でそれをひとつにまとめて答えを出そうとするやつがアホ。こういった考え方もあり、相反するこういう考え方もある、どちらも正解でありどちらも間違ってる部分もある。これが答え」「ピエール瀧もついに三島と太宰に肩並べたのか凄いな」「松本は体制側の人間。はっきりした」「この件を判断する時の立ち位置から来る話で、どちらが上下いう話じゃないだろ」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1553334217/

■関連記事
小倉智昭氏、ピエール瀧出演映画カット無し公開に 「違うだろうと思っちゃう」 東映社長の見解に異議
ピエール瀧の自宅や地元周辺で取材してわかった 「本当の評判」