決断力。―人間「東国原英夫」から何を学ぶのか
元宮崎県知事の東国原英夫氏が6日、自身のツイッターを更新。ミュージシャンで俳優のピエール瀧被告について、電気グルーヴの相方の石野卓球がツイートを続けていることについて5日放送のフジテレビ系「バイキング」で石野のツイートに「電気グルーヴを知らない人たちが見た時に“この人、社会人として大丈夫なのか”っていう目でみられるっていうことを自覚されているのか心配」などとコメントしたことへの真意をつづりました。

東国原氏は「石野卓球氏のツィートに対して、僕は、『親友・同志・相方のピエール瀧氏が反社会的行為に及んだ今回の事件・事実に対し、何らかの謝罪の言葉があって良いのでは無いか』また『自分が近くに居て、ピエール瀧氏の反社会的行為に気付いてやれなかった。防止する事が出来なかった事への反省の弁』また『今後、ピエール瀧氏の更生や社会復帰を支援する』等のコメントがあって然るべきではないかという立場である。これは、飽くまで、僕個人の意見・感想である」と説明。

さらに「石野卓球氏の『TVはバカか老人しか誘導出来ない』等の主張に仮に本格的に反論するなら、『バカ』の定義を明確にし、視聴層のデータ、誘導調査等を明示し論陣を張る必要があろう」と記しました。



■東国原英夫氏、「バイキング」での石野卓球への発言の真意を説明「何らかの謝罪の言葉があって良いのでは無いか」

h000

 元宮崎県知事の東国原英夫氏が6日、自身のツイッターを更新。麻〇取締法違反の罪で起訴され保釈されたミュージシャンで俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)被告について、電気グルーヴの相方の石野卓球がツイートを続けていることについて5日放送のフジテレビ系「バイキング」(月~金曜・前11時55分)で石野のツイートに「電気グルーヴを知らない人たちが見た時に“この人、社会人として大丈夫なのか”っていう目でみられるっていうことを自覚されているのか心配」などとコメントしたことへの真意をつづった。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

東国原英夫氏、「バイキング」での石野卓球への発言の真意を説明「何らかの謝罪の言葉があって良いのでは無いか」

■東国原英夫 Twitter


このニュースに対しネットでは、「何をなぜ謝罪するの?」「東の時はたけしや他の軍団員が謝罪したっけ?」「卓球がそこで謝ったらイメージダウン。ネタにしてこそ卓球」「卓球、何か悪い事をしたの?謝罪しろって」「卓球のイメージが悪くなった」「卓球は関係ないわ。それは無理ってもんだ」「TOKIOの山口の時はTOKIO全員が謝罪したよな」「でもCHAGEは謝ったよね」「卓球が謝るとしたら、電気グルーブとして請けていた仕事の相手だけ。ファンに対しては謝る必要ない」「バイキングって、それぞれ各々の知見・世界観・ 思想哲学等に基づいて意見や感想を述べる大変に高尚な番組だったのですね」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1554536325/

■関連記事
古市憲寿氏 「被害者のない犯罪は非犯罪化して」 「治療メーンに支援を」
ピエール瀧被告 所属事務所を契約解除