挑戦したのか、逃げたのか それでもオレはアメリカへ行った
タレントのぜんじろうが10日、自身のツイッターを更新。海外と日本の芸能人への対応の違いについて自身の見解を示しました。

ぜんじろうは、ヨーロッパ9か国14都市コメディツアーを実施。ツイッターで「今回、少しイギリスで知ったのは、芸能人、政治家や王室までの不倫なども含めプライバシーネタ人間の「弱さ」を見て騒いだりは好きですが、日本と違うのはそれを『よってたかって過剰に叩いたり責めはしない』肯定なんです。ここが大人だなと思いました」とコメント。

さらに、「今回、ヨーロッパでも、お客さんは自分が知ってなかろうが、売れてようが売れてなかろうが、相手は誰であれ、舞台に立つ人間に対しまず「敬意」があります。ここがいつも僕が感動するとこです。この国では自分が知らないと、まず「見下す」とこから入り、売れてると逆に「ひれ伏す」傾向は事実です」と海外と日本の違いをつづりました。



■ぜんじろう、日本と欧州の芸能人への視線の違いを明かす「欧州はまず敬意。この国は知らないと見下す」

 タレントのぜんじろうが10日、自身のツイッターを更新。海外と日本の芸能人への対応の違いについて自身の見解を示した。

 ぜんじろうは、ヨーロッパ9か国14都市コメディツアーを実施。ツイッターで「今回、少しイギリスで知ったのは、芸能人、政治家や王室までの不倫なども含めプライバシーネタ人間の「弱さ」を見て騒いだりは好きですが、日本と違うのはそれを『よってたかって過剰に叩いたり責めはしない』肯定なんです。ここが大人だなと思いました。そうで、僕も同じく弱~い人間ですからね」とつづった。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

ぜんじろう、日本と欧州の芸能人への視線の違いを明かす「欧州はまず敬意。この国は知らないと見下す」

■ぜんじろう Twitter


このニュースに対しネットでは、「そんなの気にしてる人間はそもそも他人を見下してるヤツ」「舞台上がる時は敬意あるよ。どんなネタ見せてくれるんだ?笑わせてくれって。結果つまらん場合見下す」「こんな奴をメディアに出すのが問題にならないのがおかしい」「欧州がどれだけショウビズに差別的か全く認識してないなんて、とてつもないアホは幸せな人生だなw」「日本と欧州の芸能人の質は考えないのか?」「「突っ込みどころは多々あるけどまあそれで幸せ感じるなら良いじゃないの」「なんで芸能人に敬意を払う必要があるのか」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1554899914/

■関連記事
茂木健一郎 ガキ使の “黒塗りメーク” 問題めぐり 「笑いのセンスが無い」
R-1ぐらんぷり決勝、中堅芸人3組が“パクリ”…恥ずかしくないのか? アジアン馬場園、COWCOW善し、NON STYLE石田