太田雄貴「騎士道」―北京五輪フェンシング銀メダリスト
日本フェンシング協会は2021年世界選手権から日本代表選手選考に英語力のテストを導入することを発表しました。

日本協会の太田雄貴会長は25日の会見で「選手のセカンドキャリアも考え、真剣に考えた決断」と力説。

選手たちが受けるのは、ベネッセ運営の英語検定試験GTEC。年に1回、試験を受け、国が高校卒業時に50%の生徒に取得して欲しいというレベルA2が求められます。



■フェンシング代表選考に英語試験 世界ランク1位でも

f000

 「世界ランキング1位でも、例外は作らない」。日本フェンシング協会は2021年世界選手権から日本代表選手選考に英語力のテストを導入する。基準は「国が高校卒業時に50%の生徒に取得して欲しいというレベル」。東大、京大受験に必要な最低点といい、競技力があっても英語力がなければ代表になれないという大胆な試みだが、選手たちは反発しているわけではなさそうだ。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

フェンシング代表選考に英語試験 世界ランク1位でも

■日本フェンシング協会【公式】 Twitter


このニュースに対しネットでは、「差別じゃないですか?」「これ訴えられたら負けるネタじゃね?」「太田は自民党公認で立候補するよ。それが狙いだよ」「順番が逆だと思うんだが。文科省で英語教育の推進をはかってから」「これ逆に日本が柔道とか剣道で日本語力が基準に達しない他国選手は大会参加させないとか言ったら差別問題になるんだろうなw」「これは酷い。フェンシングに英語がなんの関係あるんだ。独裁者太田調子こきすぎ」「大丈夫?こう言うの?言ってることはわからないでもないけど、ランキングが高くても選ばないって」「抗議アピールが重要な競技だからな。まあVTRあるけど」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1556364127/

■関連記事
松岡茉優 「GUCCI」 を 「ジューシー」 と読み間違え 海外進出には 「英語力足りない…」
ダレノガレ明美、ハリウッド進出を事実上断念 「英語が追いつかなくて」