Numero TOKYO 2018年12月増刊号(Koki,表紙バージョン)
2019年5月3日(金)にパリで開催された「シャネル」2019-20年 クルーズ コレクションにて、Koki,がランウェイデビューを果たしました。

今年に入ってパリのモデル事務所に所属したKoki,は、1月末にパリ、カンボン通りにある「シャネル」のスタジオにて単身オーディションに挑みました。

自らの手で夢への切符を手に入れ、世界中のジャーナリストや顧客の視線を一身に集めるなか、ホワイトのツイードジャケットとスカートをまとって登場。並み居るトップモデルに交じって自信に満ちた表情でウォーキングを披露しました。



■Koki, 「シャネル」のクルーズコレクションでランウェイデビュー

k000

世界的なブランドのランウェイを歩くことを、モデルとしての目標のひとつに掲げていたKoki,(コウキ)。そして2019年5月3日、ついにその夢が形となった。

カール・ラガーフェルド亡き後、その後任を託されたヴィルジニー・ヴィアールによるファーストコレクション。2019年5月3日(金)にパリで開催された「シャネル」2019-20年 クルーズ コレクションにて、Koki,がランウェイデビューを果たしたのだ。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

Koki, 「シャネル」のクルーズコレクションでランウェイデビュー

■Koki, instagram

このニュースに対しネットでは、「モデルさんにしては等身や体のバランスが普通な気がしますが、シャネル的には親しみある体型が流行りにしたいのですね」「親の間違えた愛で色々仕事もらってるようだけど、、、かわいそう。。これから、現実突きつけられる日々との戦いになる事に両親は気づかないのか。目標や夢を持つのは自由。最初から両親の名前伏せて挑戦するべきだったと思う。今後の彼女が心配です」「ランウェイを歩くモデル体型ではないですね。ティーン雑誌のモデルならありと思うけど、周りもちゃんとした道に進めるようにしてあげなきゃ」「モデルには向いてない気がするし、シャネルなんて時期尚早ではないのかな。母親がやらせたいのだろうけど、彼女まだ若いし親なら彼女に何が一番向いてるか分かると思うけど。お母さんプライド高すぎませんか」との反応。

■関連記事
Koki,のイメチェン姿が好評! 「武井咲に見えた」 の声も
Koki,、写真家の蜷川実花氏とツーショット、「オーラがすごい。アジアを代表するスター担って欲しい」