いだてん 前編 (NHK大河ドラマ・ガイド)
NHK大河ドラマ「いだてん」の第16回が4月28日に、第17回が5月5日に放送され、関東地区の平均視聴率が、第16回は7・1%(関西地区8・0%)、第17回は7・7%(関西地区8・6%)と、ともに7%台だったことが7日、ビデオリサーチの調べで分かりました。

これまでの同作最低は3月31日に放送された第13回の8・5%だったことから同作のワースト記録に。

また、これまでの大河ドラマのワースト記録は12年11月18日に放送された「平清盛」の7・3%で、第16回の7・1%は、これも更新しました。



■NHK「いだてん」視聴率が大河ワーストの7・1%

i000

NHK大河ドラマ「いだてん」の第16回が4月28日に、第17回が5月5日に放送され、関東地区の平均視聴率が、第16回は7・1%(関西地区8・0%)、第17回は7・7%(関西地区8・6%)と、ともに7%台だったことが7日、ビデオリサーチの調べで分かった。これまでの同作最低は3月31日に放送された第13回の8・5%だったことから同作のワースト記録となった。

また、これまでの大河ドラマのワースト記録は12年11月18日に放送された「平清盛」の7・3%で、第16回の7・1%は、これを更新した。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

NHK「いだてん」視聴率が大河ワーストの7・1%

■大河ドラマ「いだてん」 Twitter


このニュースに対しネットでは、「大河枠で無かったらもっと視聴率良かったかもね…。スペシャルドラマで数話に分けて放送なら…」「コアな大河ドラマファンの大半は時代劇ファンな訳で「いだてん」はどちらかと言えば土曜ドラマ枠の方が合ってる」「視聴者層と題材、脚本家の不一致。これに尽きるんじゃないかな。ゆっくりと時代劇を楽しむ層だから、まず題材が合わない。そもそも大河じゃなくて、特番で作った方が視聴率稼げたと思う」「多分、大河の本来のファンは、人物を通して歴史の流れと歴史的事件が見たいのではないかと思うが、この作品は歴史を下敷きにしてあくまでキャラを前面に出したいという意図が強いのではなかろうか。求めるものが違えば人は離れて行くものだ」「志ん生の話は無くてもいいのに」との反応。

■関連記事
NHK、ピエール瀧容疑者 「いだてん」 出演シーンを第1話から全部撮り直しへ」
クドカン 「色んなことありすぎて、悲しい…」 瀧容疑者出演の大河を脚本