YouTuber教室 (マンガでマスター)
自由を求めて学校に通わずユーチューバー「ゆたぼん」として活動する中村逞珂さん(10)の父で心理カウンセラーの中村幸也氏が、カブスのダルビッシュ有投手(32)や実業家の堀江貴文氏(46)らの学校教育に対する考え方に賛同しました。

琉球新報が紹介した逞珂さんの活動に、ネット上では賛否がわかれているが、堀江氏は10日、小学校は「刑務所に通わされてるようなもんだよな」と私見を述べ、インターネットが普及した現在は学校へ通う必要はないとの考えを示しました。

幸也氏はブログを更新し、堀江氏の発言に「同じように感じる部分が多々あります」とし、「学校に合う子どもがいれば学校に合わない子どももいるのは間違いないので、子どもが悪いとか先生が悪いとか親が悪いとかではなく、『学校』のあり方そのものを見直す時期が来ていると僕は思う」と私見を述べました。



■少年ユーチューバーの父「学校のあり方見直す時期」

y000

自由を求めて学校に通わずユーチューバー「ゆたぼん」として活動する中村逞珂さん(10)の父で心理カウンセラーの中村幸也氏が、カブスのダルビッシュ有投手(32)や実業家の堀江貴文氏(46)らの学校教育に対する考え方に賛同し、「『学校』のあり方そのものを見直す時期が来ていると僕は思う」とした。

琉球新報が紹介した逞珂さんの活動に、ネット上では賛否がわかれているが、ダルビッシュは9日にツイッターで「自分の好きなように生きればいいよね。責任も取れないのに他人の人生に口挟まなくていいと思うわ」と擁護。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

少年ユーチューバーの父「学校のあり方見直す時期」

■中村幸也 Twitter


このニュースに対しネットでは、「好きなことしかしない生き方は、見聞を広げる機会を自ら放棄すること。義務教育期間は、この見聞を広げたり、良くも悪くも様々な経験を積み上げて認知の範囲を大きくするための大切な時間だと思う。あとで振り替えって良かった悪かった、必要だった無駄だったは言えても、やる前にどちらかなのかは決められない」「この父親はダルビッシュみたいに学力以外の能力があって実績を出してる人の意見に乗っかってるけど、お前の息子は何かしら才能あるのか?それを探す旅に出るのも悪くはないけど、最低限の義務教育と社会生活の中での最低限の我慢を身につけた上でするものだろ」「人、それぞれやと思うが、ダルビッシュもホリエモンも何だかんだと言うて『義務教育』を受けてきた人間。そこもしっかりと考えようね」との反応。

■関連記事
茂木健一郎氏、学校通わない少年ユーチューバーを 「応援」
「不登校は不幸じゃない」 10歳のユーチューバー 沖縄から世界に発信 「ハイサイまいど!」