クライマーズ・ハイ (新価格) [DVD]
俳優の佐藤浩市のある問題発言を巡り、芸能界が激震を続けています。今月24日に公開されるかわぐちかいじ原作の実写映画『空母いぶき』(若松節朗監督)で、総理大臣・垂水慶一郎役を演じている佐藤。

この役柄について漫画誌のインタビューで、「最初は絶対やりたくないと思いました(笑)。いわゆる体制側の立場を演じることに対する抵抗感が、まだ僕らの世代の役者には残ってるんですね」「彼(首相)はストレスに弱くて、すぐにお腹を下してしまうっていう設定にしてもらったんです。だから、トイレのシーンでは個室から出てきます」と回答しました。

これが潰瘍性大腸炎の持病を持つ安倍晋三首相を揶揄している、さらには病人をバカにしているとネット上が紛糾。作家の百田尚樹氏は、自身のTwitterで「三流役者が、えらそうに!!何がぼくらの世代では、だ」と激ギレ。更に、「もし今後、私の小説が映画化されることがあれば、佐藤浩市だけはNGを出させてもらう」と絶縁を宣言しました。



■“安倍首相を揶揄”疑惑の佐藤浩市に各方面から批判 「映画化キャストにNG出す」「観るのやめた」など大混乱

s000

 俳優の佐藤浩市のある問題発言を巡り、芸能界が激震を続けている。今月24日に公開されるかわぐちかいじ原作の実写映画『空母いぶき』(若松節朗監督)で、総理大臣・垂水慶一郎役を演じている佐藤。

 この役柄について漫画誌のインタビューで、「最初は絶対やりたくないと思いました(笑)。いわゆる体制側の立場を演じることに対する抵抗感が、まだ僕らの世代の役者には残ってるんですね」「彼(首相)はストレスに弱くて、すぐにお腹を下してしまうっていう設定にしてもらったんです。だから、トイレのシーンでは個室から出てきます」と回答。これが潰瘍性大腸炎の持病を持つ安倍晋三首相を揶揄している、さらには病人をバカにしているとネット上が紛糾。もはや手が付けられないほど大炎上しているのだ。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

“安倍首相を揶揄”疑惑の佐藤浩市に各方面から批判 「映画化キャストにNG出す」「観るのやめた」など大混乱

■百田尚樹 Twitter


このニュースに対しネットでは、「安倍自民を支持してるわけではないけど、佐藤浩市のこのインタビューは配慮に欠けてるな。安倍さんの潰瘍性大腸炎は前の政権のときに話題になったし、佐藤さんが知らないということはないと思う。この病気って本当に大変。それだけに、この記事を読んで引いた」「安倍首相の大腸炎って、そんなにみんなが知ってるもんなの?言われてみりゃそんなニュース聞いたことあるな、とは思うけど、別に安倍さんをイメージした訳じゃないんじゃないの。虚弱体質のイメージって言ったら、咳してるとかお腹痛いとか、そんなもんじゃん」「佐藤浩市は脚本にも口出すって以前バラエティで話してたし、まぁ自分自身で大御所俳優だって意識高いんだろな。与えられた役をやるだけです、って初心は欠片も無いんでしょ。てか三国さんの二世俳優ってことでデビュー時からそんな初心は無いのかも」との反応。

■関連記事
高須院長、妨害工作に屈し百田尚樹氏講演会を中止にした一橋大生を 「軟弱」 と叱咤
長谷川豊アナ、百田尚樹氏の一橋大講演会中止に 「あまりにひどい。完全な言論弾圧」