新自分風土記2~まほろば篇~ (初回限定盤)
歌手のさだまさし(67)が15日、20年ぶりセルフカバーアルバム「新自分風土記1&2」のリリースを記念して、東京・タワーレコード渋谷店で人生初の一日店長を務めました。

最近は、ゆず・北川悠仁(42)、湘南乃風・若旦那(43)、ナオト・インティライミ(39)、森山直太朗(43)、レキシ(45)らバラエティー豊かな後輩たちと飲む機会が増え、世代を超え「なぜ日本語で歌っているのか」と言うテーマでも話し合うという。

さだは、「僕は英語は話せない。英語がパァーっと入ってくると、何かはぐらかされているようで伝わってこない。そして日本語を歌っているけど、日本語に聞こえない曲も増えてきた。僕は、日本語で歌うなら日本語に聞こえる歌を聞きたい。可能な限り努力して、できるだけ美しいものを作ろうよと。僕らの世代はメッセージのない歌は要らない。一緒に感動したり、怒ったり、泣いたりした時代だったから」と持論を語りました。



■さだまさし、ゆず北川、若旦那らとの飲み会で熱い音楽談議「僕は日本語に聞こえる歌を聞きたい」

s000

 歌手のさだまさし(67)が15日、20年ぶりセルフカバーアルバム「新自分風土記1&2」のリリースを記念して、東京・タワーレコード渋谷店で人生初の一日店長を務めた。エプロン姿でファン500人に名刺を配った。

 昨年川崎市内でハイタッチ会を開催したさだは、「ライブで『アイドルみたいな握手会をやろうかな』と話したらとてもウケた。冗談が本当になった。今回は『インストアライブやってみたい』と言ったら、(スタッフから)『一日店長やりましょう』と言われた」と経緯を明かした。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

さだまさし、ゆず北川、若旦那らとの飲み会で熱い音楽談議「僕は日本語に聞こえる歌を聞きたい」

■さだまさし(StaffOfficial) Twitter


このニュースに対しネットでは、「さだまさしさん きたがわさん 若旦那さんの飲み会を番組で放送してほしい。一日店長も番組としてみてみたいなぁ。NHKの生さだ も面白い 素のさだまさしさん面白いんだろうなぁ」「最新のものや、破天荒なものに興味深々な時期は誰しもあるだろう。年を取れば取るほどに、結局若き日に聞いていた音楽に戻ってしまう感はあるね」「>日本語に聞こえる歌を聞きたい これは私も思うわ。歌詞カード見ないと何言ってるか分からない歌が多い」との反応。

■関連記事
さだまさし 驚異的コンサート回数42年で4300本…借金35億円返済のため
さだまさし 借金35億円返すために生み出した “テク” はいつしか名物に