「おそ朝おそ昼」番組10周年・そしてこれから [DVD]
タレントの磯野貴理子(55)が24歳年下でバーテンダーの夫と離婚したことを、フジテレビ系「はやく起きた朝は」の番組内で報告しました。

リスナーからの手紙を紹介している際に、磯野が2度目の離婚のことを話しはじめ、「急だけど、今度離婚することになったのよ」と語ると、話しを聞いた松居直美(51)は号泣。

「みなさんにちゃんと報告を。急に旦那の話をしなくなると、ちょっと変かなと思って。知らない方もいるかと思いますが、夫はすごく下なの。24下なの。覚悟はしていたとはいえ、向こうから言い出した。自分の子供がほしいと。そうだよね。自然なことだよ。分かったと別の道を歩むことになって」と報告しました。



■磯野貴理子2度目離婚報告「自分の子供がほしいと」

i000

タレントの磯野貴理子(55)が24歳年下でバーテンダーの夫と離婚したことを、フジテレビ系「はやく起きた朝は」(午前6時30分)の番組内で報告した。

リスナーからの手紙を紹介している際に、磯野が2度目の離婚のことを話しはじめ、「急だけど、今度離婚することになったのよ」と語ると、話しを聞いた松居直美(51)は号泣。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

磯野貴理子2度目離婚報告「自分の子供がほしいと」

■磯野貴理子、離婚報告


このニュースに対しネットでは、「子供が欲しいなら、最初から年相応の人と結婚しなよ」「本当の理由かどうかは分からないけど子供を作るのが難しい妻に対して子供が欲しいからなんて、人間の心を持った人間なら言えないと思う。言われた妻の心にどんな傷を追わせるか考えられないのだろうか?怒りが収まらない」「ちょっと自分が女性だったらかなりつらい話だ」「年齢のことは、最初からわかっていたこと。それを理由にするのはズルい。子どもを理由にするな」「店出してもらったりさ、計画的だったんだよね。自分の子供が欲しいだと?結婚するときにわかっていた話でしょう。心底汚い男」との反応。

■関連記事
土田晃之、アイドルのタレント転身に厳しい見方
マツコ・デラックスが某タレントに苦言!? 「嘘のエピソードトークはやめよう」