毎日新聞落語会 立川志らく2「死神」「粗忽長屋」「金明竹」
落語家の立川志らくが19日、ツイッターで、自身の舞台の稽古に弟子達が誰も手伝いに来ないことへ苦言を呈しました。

事の発端は19日のツイッター。志らくが主催する劇団「下町ダニーローズ」の稽古に二つ目の弟子達が一度も手伝いにこないことに「破門にするか。落語家として可能性がないと判断する」とバッサリ。

これに弟子達は慌てたのか、19日深夜のツイッターでは「慌てて夜中に詫びに来たり、ラインで詫びたり、もうわけが分からんです」と大騒ぎに発展。だが志らくは「芝居の手伝いなんかしなくていい。稽古をみてみたいと思わないその感覚が嫌なんだ」と繰り返し「全員破門にするか前座に降格するか、である。どうせ師匠は優しいから謝れば許してくれると連中はなめている。数年前、同じ騒動が持ち上がった時、破門通達したが皆泣いて詫びたから許してしまった。あの時、破門にしとけばよかった」と綴りました。



■志らく、弟子へ「全員破門にするか前座に降格」 芝居手伝い来ず悲しみツイート連投

s000

 落語家の立川志らくが19日、ツイッターで、自身の舞台の稽古に弟子達が誰も手伝いに来ないことへ苦言を呈したところ、弟子達が慌てて謝罪に来たというが「謝られても困る。私は悲しんでいるだけだから」とバッサリ。20日に更新したツイッターでは改めて「全員破門にするか前座に降格するか」と激怒した。

 事の発端は19日のツイッター。志らくが主催する劇団「下町ダニーローズ」の稽古に二つ目の弟子達が一度も手伝いにこないことに「破門にするか。落語家として可能性がないと判断する」とバッサリ。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

志らく、弟子へ「全員破門にするか前座に降格」 芝居手伝い来ず悲しみツイート連投

■志らく Twitter


このニュースに対しネットでは、「志らくは嫌いだけど、落語の世界に入って弟子入りして師匠の稽古を誰も見に行かないし手伝わないのは本当にやる気ないと思われても仕方ないね。破門されても文句言えないでしょ」「そもそもなんで弟子入りしたのか?師と仰ぐ存在から何か学んだり盗んだりしたいと思わないのか?思っていたのなら、稽古出会っても一瞬たりとも目に焼き付けようと思うだろう」「破門でいいと思う。なぜ弟子入りという道を選んだのか。ぬるい生き方がしたければぬるい世界を選べばいい。ただいえるのは、ほんとはサラリーマンでも一緒で本気でいっぱしの者に成ろうとすれば厳しい生き方になる」との反応。

■関連記事
志らく、M1の 「笑えなかった」 発言 → 高得点を説明
立川志らく、落語界を痛烈批判 「ビートたけしの落語の方がはるかに面白い」