一度も愛してくれなかった母へ、一度も愛せなかった男たちへ
5月22日放送の『バラいろダンディ』(TOKYO MX)において、歌手のきゃりーぱみゅぱみゅの「こうゆう天気の日ウーバーイーツ全滅して悲しい」発言が取り上げられました。

「悪天候時の注文はアリかナシ」かが番組で議論となり、遠野なぎこは「ウーバーイーツというのは頼んだことがないので、ほかのところで頼んでいるんですが、営業しているのであれば、そんなこと知っちゃこっちゃねぇよ」「私は一分でも遅れたら、どんな悪天候でもクレームを入れている」「あと10分かかるとなったら、キャンセルしてくださいとなる。だってプロでしょう」とバッサリと切り捨てました。

ウーバーイーツの配達員は、多くの人間が副業的にこなしていて、さらに自転車を用いるため、「しょうがないと納得する」部分もあると梅宮アンナが話すも、遠野は「私たちは悪天候でもここ(スタジオ)に来る。それがプロでしょう」とたたみかけました。



■「配達は1分でも遅れたらクレーム」遠野なぎこ、ウーバーイーツに“プロ意識”を求め共感の声も

t000

 5月22日放送の『バラいろダンディ』(TOKYO MX)において、歌手のきゃりーぱみゅぱみゅの「こうゆう天気の日ウーバーイーツ全滅して悲しい」発言が取り上げられた。飲食店のメニューを配達する「Uber Eats」が、大雨で機能しないことに苦言を呈したものだ。「悪天候時の注文はアリかナシ」かが番組で議論となった。

 これを受け、遠野なぎこは「ウーバーイーツというのは頼んだことがないので、ほかのところで頼んでいるんですが、営業しているのであれば、そんなこと知っちゃこっちゃねぇよ」「私は一分でも遅れたら、どんな悪天候でもクレームを入れている」「あと10分かかるとなったら、キャンセルしてくださいとなる。だってプロでしょう」とバッサリと切り捨てた。これを受け、ネット上では「遠野の言いたいこともわからなくもない」「この人、プロ意識に異常に厳しいよね」といった声が聞かれた。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

「配達は1分でも遅れたらクレーム」遠野なぎこ、ウーバーイーツに“プロ意識”を求め共感の声も

■きゃりーぱみゅぱみゅ Twitter


このニュースに対しネットでは、「プロ意識を振りかざす人間ほどプロに対してコンプレックスを持っている人間はいない」「所詮バイトだよ。プロ意識もくそもない。文句があるならそれなりの額払って本当のプロに来てもらえばいい」「店側は安全に気をつけて出来る限りで急ぐ。客側は雨に打たれず美味しいもの食べられる~と思って、家でゆったり待つ。解決」「アルバイトや小遣い稼ぎ程度の副業の人をプロって言うのかな?と…。プロってのはそれなりに収入得て初めてプロって言うと思う。時給980円のプロとかあり得ないんですけどね…」との反応。

■関連記事
遠野なぎこ、赤江珠緒は「一番女に嫌われるタイプ」
遠野なぎこ、ベッキーに 「浮気される側になっておめでとう」 と皮肉で物議