“私”はなぜカウンセリングを受けたのか―「いい人、やめた!」母と娘の挑戦
6月2日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、川崎市の事件が取り上げられ、その際の松本人志(55)の発言が物議を醸しています。

番組では、自〇した容疑者に対する「〇にたいなら1人で〇ぬべき」という意見の是非が取り上げられ、松本は「僕は、人間が生まれてくる中でどうしても不良品って何万個に1個、絶対これはしょうがないと思うんですよね」「それを何十万個、何百万個に1つぐらいに減らすことは、できるのかなあって、みんなの努力で。正直、こういう人たちはいますから絶対数。もうその人たち同士でやりあってほしいですけどね」とコメント。

一連の発言に対し、女優の東ちづる(58)は《私たちは人間。「良品」も「不良品」もない。「フツウ」も「一般的」も、個人の偏見。言うなら、「多くの場合」。そして、多いからといって、「正しい」とも「正義」とも限らない。これまで間違って判断してきたこともある》とツイートしました。



■東ちづる「人間に良品も不良品もない」松本人志の発言に異論

a000

一連の発言に対しTwitter上では《産まれながらに不良品なんて人はいない》《優生思想そのもの》と批判が殺到。また、著名人や有識者からも異論が相次いでいる。

女優の東ちづる(58)は《私たちは人間。「良品」も「不良品」もない。「フツウ」も「一般的」も、個人の偏見。言うなら、「多くの場合」。そして、多いからといって、「正しい」とも「正義」とも限らない。これまで間違って判断してきたこともある》とツイート。

作家の盛田隆二氏(64)は《ワイドナショーって収録番組ですよね。こんな暴言垂れ流すフジテレビは「差別発言を擁護します」と宣言したも同然》とテレビ局の責任を問うた。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

東ちづる「人間に良品も不良品もない」松本人志の発言に異論

■東ちづる Twitter


このニュースに対しネットでは、「不良品かどうかはわからないけど、問題のある人は、一定数いると思います。それが生れながらなのか、生活環境にもよるのか、調査しても良いと思います」「不良品は人を表現するには悪い方向で強すぎる言葉かなあ。多数の中に少数が生まれることは事実で、多数がスタンダードにどうしてもなるから少数は異常と見なされるのも事実。それのどちらを良、不良とするのかは確かに別の話だわ」「これ、完全に論点がずれてるように思うのですが。東さんの理論に乗っかってみた場合、今回松本さんが言われた「不良品」はこの「多くの場合」とは逆の存在だと思われますが、その人が行った行為が「正しい」もしくは「正義」の可能性もあるともとらえることが出来ると思うのですが」との反応。

■関連記事
松本人志、「不良品同士でやりあってほしい」 川崎〇傷事件への発言に物議
松本人志 「出来ることを何回続けても…」 意味深コメントに反響 「深すぎる」