ロンドンハーツ vol.6 [DVD]
所属事務所から契約解消されたカラテカの入江慎也(42)から、振り込め詐欺グループの忘年会に誘われ、出席していたとして厳重注意処分を受けたロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)が8日深夜、MBSラジオに生出演し、リスナーに騒動を「すみませんでした」と謝罪し、記憶の範囲で経緯を説明しました。

亮によると、その日は宮迫、入江らと飲んでいたといい、途中、入江が「僕、この後、行かなきゃいけないとこがある」「結婚式のやつ(仕事)あるんですよ」などと言い、退席しようとしたという。その流れで「もし顔を出してくれたら、盛り上がるのは盛り上がるんですけどね」と、冗談っぽく入江が続けました。

「この先は『おれらも行こか』と(自発的に)言うたかもしれないし、どっちが先も分かれへんけど。ただ、そのときに入江は『ノーギャラですけど』とも言っていて、それでフラッと結婚式に行ったんです」と明かしました。



■田村亮謝罪、闇営業経緯を説明「警戒してなかった」

t000

「闇営業」で所属事務所から契約解消されたカラテカの入江慎也(42)から、振り込め詐欺グループの忘年会に誘われ、出席していたとして厳重注意処分を受けたロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)が8日深夜、MBSラジオに生出演し、リスナーに騒動を「すみませんでした」と謝罪し、記憶の範囲で経緯を説明した。

亮は、8日深夜から9日未明まで放送されたMBSラジオ「オレたちゴチャ・まぜっ!~集まれヤンヤン~」に出演。進行の極楽とんぼ・加藤浩次(50)から「亮! どうなってんだよ!」と説明を促されると、まずは「すいません、お騒がせして、ほんと、すみません」と謝罪した。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

田村亮謝罪、闇営業経緯を説明「警戒してなかった」

■田村亮 Twitter


このニュースに対しネットでは、「ノーギャラいわれてもあまり響かない。「汚い金を受け取ってない」という言い訳と、吉本との契約に違反はない、が相まった芸人特有の価値観で重要視されているにすぎず、一般社会はこの点は二の次で、むしろ反社勢力と気軽に交流できる関係性が最大の問題点だと思う」「「警戒してなかった」のは、今までそれが普通に見逃されていたと言う事だと思う。では、何故今回は表に出たのか。この業界こそが闇だと思うけど」「ガリットチュウ福島は、本日の愛媛での営業がキャンセルになりました。他の方達も何事もなかったように出続けるわけにはいかないのでは?」との反応。

■関連記事
松本人志、 「ノーギャラ」 との主張に 「正直言うとない。何らかのお金は出ている」
田村亮、報道受け謝罪 「お金を受け取ってなかった、知らなかったからと言え…」