サンタ・カンパニー プレゼント大作戦! (ポプラポケット文庫 児童文学・上級〜)
糸曽賢志監督(41)が6月10日、フィンランド大使館で行われた「『サンタ・カンパニー』&『コルボッコロ』劇場版制作プロジェクト」発表会に出席。師事していたスタジオジブリの宮崎駿監督(78)との思い出話を披露したことが複数メディアで報じられています。

報道によると、それは糸曽監督がジブリの演出候補者のオーディションを受けたときのこと。糸曽監督は「ある女性が宮崎監督の『最近、どんな作品を観た?』という問いに『となりのトトロを観ました。昔から大好きでグッズを集めています』と答えると、宮崎さんは『そうなんだ。今おっしゃってくれたことはうれしいけど、僕自身はトトロはかわいい生き物だと思っていないんだよね』とおっしゃって」と述懐。

「宮崎監督は『あれは恐ろしい生き物。肉食でサツキとメイを食べなかったのは、お腹が空いてなかったからだ』と笑いながら言い、続けて『それについてどう思う?』と質問して…」と宮崎監督が同じ問いを全員にぶつけたことを話しました。



■宮崎駿監督の面接が話題 「トトロは肉食か」糸曽監督の答え

m000

糸曽賢志監督(41)が6月10日、フィンランド大使館で行われた「『サンタ・カンパニー』&『コルボッコロ』劇場版制作プロジェクト」発表会に出席。師事していたスタジオジブリの宮崎駿監督(78)との思い出話を披露したことが複数メディアで報じられている。

報道によると、それは糸曽監督がジブリの演出候補者のオーディションを受けたときのこと。糸曽監督は「ある女性が宮崎監督の『最近、どんな作品を観た?』という問いに『となりのトトロを観ました。昔から大好きでグッズを集めています』と答えると、宮崎さんは『そうなんだ。今おっしゃってくれたことはうれしいけど、僕自身はトトロはかわいい生き物だと思っていないんだよね』とおっしゃって」と述懐。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

宮崎駿監督の面接が話題 「トトロは肉食か」糸曽監督の答え

■サンタ・カンパニー ~クリスマスの秘密~ Twitter


このニュースに対しネットでは、「面接の場で、しかも、宮崎監督が自分から『肉食』って言ってきたら、なかなか言い返せないかな。確かにトトロが咆哮を上げてるシーンで臼歯ばっかりとは分かるけれども…」「妖精トロールも、日本だとムーミンで親しまれてるけど、現地北欧だと、人食いのエグイ化け物だったりもして、解釈で様々」「ナウシカ公開の時、ファンクラブ代表の1人としてお会いした事がありますが…気難しいおじさんだと思いました」「草食としてはちょっと変じゃないかなぁ。大体妖精とかその手の類いだっていっている時点で草食肉食と言うこと事態がナンセンスなのでは?作った人に言うのもなんだけど」との反応。

■関連記事
押井守監督の新作アニメーションが制作決定 “構想10年” の意欲作が2020年に放送予定
【アニメ】 ジブリ鈴木敏夫P、宮崎駿監督の新作の制作状況報告 公開時期は 「あと3年か4年」