【山口真帆】 公式生写真 AKB48 センチメンタルトレイン 劇場盤 ひと夏の出来事Ver.
大手芸能事務所『研音』と契約した元NGT48の山口真帆(23)に次々とドラマの仕事が決まっていると、一部報じられています。

一つは7月からスタートする唐沢寿明主演のドラマ『ボイス110緊急指令室』(日本テレビ系)のゲスト出演。

もう一つは来年放送予定のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』にも出演が内定したそうで、「“まほほん"のリベンジが始まった」と伝えられています。



■ドラマ内定情報も 山口真帆“リベンジの狼煙”早くも上がる

y000

 テレビ界に予想もしていなかった“まほほん台風”が到来。

「“まほほん”ことNGT48の山口真帆(23)が、『研音』という大手芸能事務所の後ろ盾を得たことで、現在、ちょっとした争奪戦が勃発しています。いま彼女がテレビに出れば、それなりの視聴率が見込めるからです。まさに旬ですよ。彼女の口から何が語られるのか。ファンのみならず視聴者は興味津々ですから」(キー局編成マン)

(抜粋・全文は以下のリンクより)

ドラマ内定情報も 山口真帆“リベンジの狼煙”早くも上がる

■山口真帆 instagram
GA/" data-instgrm-version="12" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);">
このニュースに対しネットでは、「仕事が決まるのは喜ばしいことだけど乱用して本人がそれに対応できずに仕事を失ってしまうのはないようにしてほしい。ゆっくりとで良いと思います。応援しています」「正しい事をした人が損をする世の中にしない為にも山口さんには新しい挑戦で頑張って活躍して頂きたいと思います。正義感と意志の強さを思う存分発揮してほしいと思います、応援します」「一連の騒動の犠牲者であり、悔しく辛い思いをしたことは本当に気の毒。それでも芸能界に留まる以上は頑張ってほしい。が、今回はその騒動の特需であり、決して実力を評価されての起用ではないことを忘れないで、謙虚に精進していただきたい」との反応。

■関連記事
山口真帆が大手事務所の研音に移籍、48G関係で初
既に内定 山口真帆 AKB不在事務所に移籍へ 多方面で評価高く