コドナの言葉
2000年代初頭、『池袋ウエストゲートパーク』や『GO』などの作品で、圧倒的な存在感を放ち、何かと世間から注目を集めていた俳優の窪塚洋介が、インタビューに応じ、ブレイク当初のことから現在のことまで赤裸々に語っています。

2003年からテレビへの出演が減り、離婚やマンションからの落下事件が勃発。

当時のことは「覚えていない」としつつ、「きっと調子乗ってたからなのかもなって思ってて」と説明。「『この世の中にわからないことはない。自分のことは全部わかった』って思ってたんだよ。たぶんそれを神様に怒られたんだと思う。『全部わかったんなら、お前これ説明してみろよ』、ドンって」と語りました。



■「神様に怒られたんだと思う」あの事件を経て…窪塚洋介の“今の生き方”を本人に直撃

k000

2000年代初頭、『池袋ウエストゲートパーク』や『GO』などの作品で、圧倒的な存在感を放ち、何かと世間から注目を集めていた俳優・窪塚洋介さん。

今年、IndeedのCMに実写版『ONE PIECE』のサンジ役で登場したのを見て、「最近は何をしているんだろう?」と気になりました。

そこで今回は、ご本人に「窪塚洋介のいま」を直撃! ブレイク当初のことから、現在のことまで赤裸々に語っていただきました。

皆さんが気になっているであろう、“あの話題”にも触れていますよ…!

(抜粋・全文は以下のリンクより)

「神様に怒られたんだと思う」あの事件を経て…窪塚洋介の“今の生き方”を本人に直撃

■AMATO RECORDZ Twitter


このニュースに対しネットでは、「神様に生かされたのではないですかね。あの高さで死ななかったのはなりの奇跡ですから」「IWGP、あのメンツが当時揃っていたって今では信じられない。豪華どころの騒ぎじゃない」「歳をとってわかることは多い。大人になったって事」「あの高さから落下して死ななかったどころか後遺症もないよね。もの凄い生命力だよ」「落っこちたって言うより、マンションのかなり上の階から、自ら助走を付けて遠くへ飛んで、落下した地点のフェンスに激突したって話だったよね。全身複雑骨折で生きてるのが奇跡って」との反応。

■関連記事
リアル “麦わらの一味” 池内博之&窪塚洋介&斎藤工の3ショットに反響
窪塚洋介の14歳息子・愛流、俳優デビュー作に 「自分って凄い」 と自画自賛