国立がん研究センターの乳がんの本 (国立がん研究センターのがんの本)
中京テレビの恩田千佐子アナウンサー(51)が23日深夜に日本テレビ系で放送されるNNNドキュメント『私、がんになりました。アナウンサーの乳がん闘病記』(深夜0:25)に出演。子供たちへのがん告知、手術、復帰をめぐる人事とのやりとりまで乳がん闘病一部始終を密着する内容が放送されます。

夕方のニュース報道番組のメインキャスターを務める奥田アナは地元では誰もが知る人気アナウンサーで、病気で夫を亡くし、二人の子供を育てるシングルマザーでもあります。そんな彼女は、17年10月に乳がんと宣告されました。

番組では、彼女の息子への病気の告知の瞬間や、担当番組『キャッチ!』での視聴者への病気の報告、さらに、手術の様子や、そこで発見された転移が告知される瞬間、治療をめぐる葛藤、番組復帰を巡る社内での人事とのやりとりに至るまで闘病から復帰への一部始終を記録。恩田アナの決断を通じて、がん治療の現状を伝えます。



■中京テレビ・恩田千佐子アナのがん闘病に密着 子供たちへのがん告知、復帰をめぐる人事とのやりとりまで

o000

 中京テレビの恩田千佐子アナウンサー(51)が23日深夜に日本テレビ系で放送されるNNNドキュメント『私、がんになりました。アナウンサーの乳がん闘病記』(深夜0:25)に出演。子供たちへのがん告知、手術、復帰をめぐる人事とのやりとりまで乳がん闘病一部始終を密着する内容が放送される。

 1970年にスタートし、人々の日々の喜怒哀楽を見つめ、生きる力となる“希望”や“絆”を描くドキュメンタリー番組『NNNドキュメント』。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

中京テレビ・恩田千佐子アナのがん闘病に密着 子供たちへのがん告知、復帰をめぐる人事とのやりとりまで

■NNNドキュメント【公式】 Twitter


このニュースに対しネットでは、「キャッチのファンでございます。頑張っている恩田さんの姿を見ていると本当に勇気づけられます」「ご自身の人生の大きな転機にカメラを密着させる勇気と、報道に携わる者としての責任感に敬意を表します。この番組が乳がん予防啓発に大きな影響を与えますように」「恩田アナというと、以前はPS愛してるで上沼恵美子・高田純次相手に頑張っているイメージだったけど、今や中京テレビを背負い、家庭を背負い・・・何だか頑張ってきたけど、大丈夫かな?癌まで背負って・・・気負いで更に倒れないでほしい」との反応。

■関連記事
“全身がん” 高須院長が29日に入院、手術へ 「言いにくい雰囲気なう」
misono 手術後のNosukeに 「さらに変わり果てた姿」 、金銭面も限界