ほっしゃん。単独ネタライブ2005緑亀~ミドリガメ~ [DVD]
旧芸名「ほっしゃん。」のタレント星田英利(47)が、闇営業で反社会団体の忘年会に出席し、所属事務所から謹慎処分を受けた雨上がり決死隊の宮迫博之(49)ら芸人11人に対し「いつまでも許せないわ」と怒りをあらわにしました。

宮迫とは90年代に一世を風靡したユニット「吉本印天然素材」からの仲間である星田。

25日更新のツイッターで、同じ事務所の芸人仲間たちの“裏切り”に「いつか世間が許しても、いつまでも許せないわ。ボク、いろんな人たちから何を言われても、仲間で同志のあなたたちの大嘘を信じて、ずーーーっと反論してたから」とつづりました。



■元ほっしゃん「いつまでも許せない」宮迫らの嘘に怒

h000

旧芸名「ほっしゃん。」のタレント星田英利(47)が、闇営業で反社会団体の忘年会に出席し、所属事務所から謹慎処分を受けた雨上がり決死隊の宮迫博之(49)ら芸人11人に対し「いつまでも許せないわ」と怒りをあらわにした。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

元ほっしゃん「いつまでも許せない」宮迫らの嘘に怒

■星田 英利 Twitter


このニュースに対しネットでは、「入江を解雇したように宮迫も解雇をした方がいい。不祥事を起こした芸人を見ても笑えないし河本のように、しれっと出てきても不愉快でしかない」「吉本は何とかして解雇した入江に全ての責任をおっかぶせたいんだろう。ミヤネ屋でこの問題取り上げていて、吉本とズブズブのスポニチの記者が必死に話していたが、宮迫らも勿論悪いが、ある意味被害者であると誘導したいんだろね」「嘘は吉本も知っていたはず。新たな報道でごまかしきれず今回の対応だと思う。個人に留まらず会社の責任も追求してもらいたい」「松っちゃんが言うようにギャラはあったと思うという発言はみんなが思っていた事。信じる信じないは自由だが世間は最初からわかっていた。守るとはそういうことではない。本当の友達なら庇うんではなく、真実を糾弾し発表するよう促す事だった」との反応。

■関連記事
宮迫が吹き替えの 「アベンジャーズ」 は予定通り上映
たむらけんじ 「犯罪も犯してない人たちへの批判のほうが多いというのは、どないなってんねんと思う」