デュオUU
元モーニング娘。の加護亜依と辻希美のユニット・W(ダブルユー)が26日、『テレ東音楽祭2019』(テレビ東京系)で13年ぶりのテレビ出演を果たしました。

2000年3月に4期メンバーとして、最年少12歳でモーニング娘。に加入した2人は、“辻加護”コンビで人気を博し、矢口真里らと結成したミニモニ。でも大ブレイク。2004年に2人同時でモーニング娘。を卒業する前に、W(ダブルユー)を結成して活動をしていました。

番組には、白のお揃いの衣装で登場した2人。MCの国分太一から「久しぶりだね」と声をかけられた加護は「お久しぶりです」と笑顔であいさつ。番組では、2人のモーニング娘。オーディション当時の秘蔵映像も流れ、「当時から2人は仲良かったですか?」と質問されると、「仲良かったね。本当にけんかもしたし、姉妹のような関係だった」と当時を振り返りました。



■辻希美&加護亜依「W」 13年ぶりTV出演に大反響 「涙腺崩壊」「おかえり」

w000

 元モーニング娘。の加護亜依と辻希美のユニット・W(ダブルユー)が26日、『テレ東音楽祭2019』(テレビ東京系)で13年ぶりのテレビ出演を果たした。

 2000年3月に4期メンバーとして、最年少12歳でモーニング娘。に加入した2人は、“辻加護”コンビで人気を博し、矢口真里らと結成したミニモニ。でも大ブレイク。2004年に2人同時でモーニング娘。を卒業する前に、W(ダブルユー)を結成して活動をしていた。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

辻希美&加護亜依「W」 13年ぶりTV出演に大反響 「涙腺崩壊」「おかえり」

■加護亜依 Twitter


このニュースに対しネットでは、「並べてみると、辻ちゃんの目が生まれつきじゃあり得ない大きさだってことがよくわかる」「下手過ぎてびっくりした。あの歌唱力で歌った勇気すごいなぁ」「2人を見た時はウルッとしたが歌を聴いて引いた…」「加護亜依ちゃん、可愛いね。当時のまま。辻希美は、もう変わりすぎ」「久々の復活は良しとしても、よりによって「淋熱」のカバーは歌ってほしくなかった。あれは本家本元のWinkが歌ってこそ価値がある」「いくつになってもあの喋り方だね」「批判はあるが、「一夜限りのお祭り」ということでいいんじゃない?これで「活動再開します!」となるなら・・・ゴメン、勘弁してほしい」との反応。

■関連記事
辻希美、電車で嘆く「お年寄りや小さな子を抱っこしてる人が多かったのに、誰も席を譲ろうとしない」
辻希美、幸空くん 「ハーフバースデー」 を自作ケーキで祝福 「私の自己満ですが…」