DENKI GROOVE THE MOVIE? -石野卓球とピエール瀧-
「電気グルーヴ」の石野卓球(51)が1日、自身のツイッターを更新。所属事務所「ソニー・ミュージックアーティスツ(SMA)」との契約終了について「自分からSMA辞めたに決まってんじゃん」と明かしました。

この日、SMA、石野の両公式サイトで「株式会社ソニー・ミュージックアーティスツは、2019年6月30日をもって所属ミュージシャン石野卓球とのマネジメント契約を終了いたしました。これに伴い、当社は石野卓球及び電気グルーヴのマネジメント業務を終了いたします」と報告。

これを受け、石野は「そんなもん1年先、2年先までの明確な活動プランがあるから自分からSMA辞めたに決まってんじゃん。そもそも俺がクビになる理由がないからね」とつづりました。



■石野卓球「自分から辞めたに決まってんじゃん」事務所と契約終了も活動プラン明確「クビになる理由がない」

i000

 「電気グルーヴ」の石野卓球(51)が1日、自身のツイッターを更新。所属事務所「ソニー・ミュージックアーティスツ(SMA)」との契約終了について「自分からSMA辞めたに決まってんじゃん」と明かした。

 この日、SMA、石野の両公式サイトで「株式会社ソニー・ミュージックアーティスツは、2019年6月30日をもって所属ミュージシャン石野卓球とのマネジメント契約を終了いたしました。これに伴い、当社は石野卓球及び電気グルーヴのマネジメント業務を終了いたします」と報告。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

石野卓球「自分から辞めたに決まってんじゃん」事務所と契約終了も活動プラン明確「クビになる理由がない」

■石野卓球 Twitter


このニュースに対しネットでは、「ピエール瀧と活動するための契約解除か…。ピエール瀧も石野卓球が見捨てない覚悟を示したんだから気持ちに応えて欲しい」「賛否はどうあれ、相方の為にここまで突っ張って行動できるという事は立派だと思います。そこまでしてくれる人は自分の周りにはいないでしょうね」「SMAは来る者拒まず去る者追わずなところあるんだよね。だから本当に言い出したのは卓球で、事務所は止めなかったってことなんじゃないかと」「前にNHKでやってた電気グルーヴ特番では2人の絆はかなり強固なものだと感じた。金が入ってこようが入ってこなくなろうが 2人一緒じゃなきゃ楽しくないって感じなんだと思う」との反応。

■関連記事
【電気グルーヴ】 ピエール瀧が笑ってはいけないのか? 「罪と友情」 を混同する人々へ
松ちゃん、石野卓球の連続ツイート絶賛 「大好き」 「絶妙なバランス」