松本家の休日8 [DVD]
「ダウンタウン」の松本人志が7日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」に出演。広がる闇営業問題での処分に対し私見を明かしました。

松本は、今回の問題が発覚した時に雨上がり決死隊の宮迫博之、ロンドーンブーツ1号2号の田村亮らが「お金をもらってない」と明かしたことに触れ「先輩にまず最初にお金もらってないと言われたら、後輩はなかなかもらってましたとは言えない状況が作られてしまったということで言えば、宮迫と亮以下の下の人たちはザブングルも含めて、そもそも謹慎の意味がどうなのかなっていう」と指摘。

その上で「仕事続けながら、そのお金をどっかに寄付する形もひとつのボランティアだから、そういうやり方は無理なのかな」と後輩芸人たちの処遇を提言しました。



■松本人志、闇営業問題で「雨上がり」宮迫、ロンブー亮へ苦言…「先輩にお金もらっていないと言われ後輩は、言えない状況が作られた」

m000

 「ダウンタウン」の松本人志が7日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・前10時)に出演。広がる闇営業問題での処分に対し私見を明かした。

 番組では、お笑い芸人が事務所を通さずに反社会的勢力の会合に出席した「闇営業問題」で、大手芸能事務所・ワタナベエンターテインメントがお笑いコンビ「ザブングル」の松尾陽介(42)、加藤歩(44)が8月末までの謹慎期間中に、熊本の介護施設でボランティア活動を行うと発表したことを紹介した。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

松本人志、闇営業問題で「雨上がり」宮迫、ロンブー亮へ苦言…「先輩にお金もらっていないと言われ後輩は、言えない状況が作られた」

■松本家の休日


このニュースに対しネットでは、「先輩2人がお金をもらっていないと言えば、後輩は合わすしかない。記者会見を開き、その点について私たちの責任であり、後輩は嘘をつかざる得ない状況を作ったことを説明すべきだと思う」「亮と宮迫は年齢差(2歳)よりも芸歴差(約5年)の方が大きい。亮の立場が一番きついと思う。芸の先輩の宮迫が貰ってないと言ったから貰ってないと言わなければならなかった。入江はともかく、結局は宮迫が上の立場として正々堂々とした対応(お金は貰っていましたが、反社会勢力とは知らなかった。被害者に返金をしたいと思います等の)を取っていればこんな事にはならなかった」「松本さんの意見に賛成です。後輩芸人の方々は家族がいたりと謹慎によって生活が厳しい現状を少しでも改善してあげる可能性を吉本には考えてあげて欲しい。その中で給料の一部を返していくとか、寄付するとかなら納得してもらえると思う」との反応。

■関連記事
たむけん 「失敗した人の人生を終わらすような勢いで叩き潰す今の日本って大嫌いやわ」
ナイナイ岡村 闇営業への批判 「そこまで言う?っていうぐらいのところまで…」