ベスト!モーニング娘。 20th Anniversary (初回生産限定盤B) (特典なし)
元「モーニング娘。」の矢口真里(36)が10日放送のフジテレビ系「梅沢富美男のズバッと聞きます!」に出演。飯田圭織(37)、保田圭(38)とともに初期の活動を振り返り、解散危機があったと明かしました。

1997年に結成し、数々のヒット曲を生み出した国民的アイドルグループ、モーニング娘。98年1月の「モーニングコーヒー」でデビュー、98年5月に発売したセカンドシングル「サマーナイトタウン」は41万枚を売り上げヒットランキング4位に。そして、9月のサードシングル「抱いてHOLD ON ME」で初の1位を獲得しました。

しかし、99年2月の第4弾シングル「Memory青春の光」、5月に第5弾「真夏の光線」をリリースするも売上は減少。よもや、解散の危機でしたが、99年8月に後藤真希が加入。同年9月の第7弾シングル「LOVEマシーン」で初ミリオン超えの164万枚を記録。「後藤真希が入ってきて、メンバーで“救世主だね”って話をしていた」と当時を振り返りました。



■モー娘。過去に解散危機 OG矢口真里「次の曲売れなかったらヤバイねって」 窮地に現れた救世主

m000

 元「モーニング娘。」の矢口真里(36)が10日放送のフジテレビ系「梅沢富美男のズバッと聞きます!」に出演。飯田圭織(37)、保田圭(38)とともに初期の活動を振り返り、解散危機があったと明かした。

 1997年に結成し、数々のヒット曲を生み出した国民的アイドルグループ、モーニング娘。98年1月の「モーニングコーヒー」でデビュー、98年5月に発売したセカンドシングル「サマーナイトタウン」は41万枚を売り上げヒットランキング4位に。そして、9月のサードシングル「抱いてHOLD ON ME」で初の1位を獲得した。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

モー娘。過去に解散危機 OG矢口真里「次の曲売れなかったらヤバイねって」 窮地に現れた救世主

■梅沢富美男のズバッと聞きます! Twitter


このニュースに対しネットでは、「打ち込みを使わず 生音で勝負したダンスマンの曲ですね。打ち込みと生音で売り上げの差があったのでは」「石橋貴明がたいむとんねるで、なっちとゴマキの仲はまじでやばかった。とは語ってたよね。ゴマキもなっちと仲が犬猿だった、というのはダウンダウンなうで語ってたけど。矢口や安田あたりはゴマキとは仲よさそうだった印象はあるかな」「一番最初からいた飯田さんの話もっと聞きたかった。飯田さん落ち着いてるねやっぱり。綺麗だし」「救世主はLOVEマシーンの編曲をしたダンス☆マンだと思う」との反応。

■関連記事
インスタ再開の後藤真希、イメチェン報告 「ぱっつんめのボブヘアにしました」
辻希美&加護亜依 「W」 13年ぶりTV出演に大反響 「涙腺崩壊」 「おかえり」