おかん
人気お笑いコンビ・キングコングの梶原雄太が、カジサックとして活動しているYouTubeチャンネルの登録者数が100万人を突破しました。

去年の10月からカジサックとしてのYouTube活動を開始しており、これまでに数々のお笑い芸人が出演して話題になっていました。

カジサックはYouTubeとテレビの壁を「ぶち破りたい」と意気込んでYouTubeでの動画投稿を開始。2019年の年末までにチャンネル登録者数が100万人に届かなかったら芸人を引退すると宣言しており、まさに“背水の陣”で活動をしていました。



■カジサック(キングコング・梶原)のYouTubeチャンネルが登録者数100万人突破 国内では150チャンネルのみ

k000

人気お笑いコンビ・キングコングの梶原雄太さんが、カジサックとして活動しているYouTubeチャンネルの登録者数が100万人を突破した。

去年の10月からカジサックとしてのYouTube活動を開始しており、これまでに数々のお笑い芸人が出演して話題になっていた。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

カジサック(キングコング・梶原)のYouTubeチャンネルが登録者数100万人突破 国内では150チャンネルのみ

■【登録者100万人到達記念】僕のチャンネルを登録、見てくれた全ての方へ~緊急生配信~


このニュースに対しネットでは、「素直に凄いと思うけどな。有言実行。素晴らしい。他人のふんどしって言ってる人達多いけど、人の力を借りて何かを成し遂げるって、知らず知らずのうちに皆がしてることじゃないかな?」「個人的に嫌いなんで、最初から見ようとは思ってないし、今も見たいとは思わないです。でも、その世界で頑張ってるならそのまま頑張ってもらえればいいと思う」「この結果はマジで凄い、最初はあんなに叩かれてたのに。過去にヤフコメ民の嫌いそうな不祥事もあるし本人が好きとかどうとかは個人の問題だから知らないけど、この人はマジで人を立たせるのがうまいんだなって思った」「芸人だから人脈が広いのはわかるけど人の力を使いすぎでは? まぁそれでも100万人行ったのは素直に凄いと思います お笑いの才能があるようには見えないのでこのままYouTubeで行けばよいのでは?」との反応。

■関連記事
【シバター】 カジサックのYouTube参入 「手助けするべきじゃなかった」 ラファエル、ヒカルらを人気ユーチューバーが批判
宇野常寛氏、キンコン梶原に激怒 「本当につまんないやつ」 「やってることがテレビ的なイジメ芸の縮小再生産」