文庫 吉本興業の正体 (草思社文庫)
吉本興業は13日、お笑いコンビ、雨上がり決死隊の宮迫博之(49)など、謹慎処分になっている13人の芸人が謝礼として受け取った金額を発表しました。

「修正申告及び寄付の実行に関するご報告」と題して、宮迫が100万円、ロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)が50万円などと記載。また、12日までに税務修正申告を済ませました。

吉本興業は、タレントと契約書を交わしていませんが、「共同確認書」を作成して、所属する約6000人の全タレントに7月中に署名させることも明らかに。タレントが依頼された仕事を全て会社に報告することなどが明記されています。



■吉本が全タレントに「共同確認書」署名義務づけへ

y000

吉本興業は13日、お笑いコンビ、雨上がり決死隊の宮迫博之(49)など、闇営業で反社会的勢力のパーティーに出席して謹慎処分になっている13人の芸人が謝礼として受け取った金額を発表した。

「修正申告及び寄付の実行に関するご報告」と題して、宮迫が100万円、ロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)が50万円などと明らかにした。また、12日までに税務修正申告を済ませた。そして、吉本興業の名前でNPO法人スマイル基金、NPO消費者機構日本に150万円ずつ、計300万円を寄付したという。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

吉本が全タレントに「共同確認書」署名義務づけへ

■武藤敬司 Twitter


このニュースに対しネットでは、「こと、ここに及んでまで、それでも契約を巻かないって姿勢は何故だ?何か不都合があるのか?」「不安定な若手芸人とは雇用契約書を結んだうえで、確認書を書かせるべきだ。会社に関係ある芸人に不祥事や社会問題を起こされたくないなら、最低限の保証をすれば良いのに」「あくまでも会社側の非を認めないのか、契約ではなく確認書て。組織は所属する従事者を守る義務はあるのだから」「あくまでもタレント契約は結ばず、口頭で吉本の都合のよい条件で芸人を酷使してギャラの大部分を搾取するこれまでのビジネスモデルを踏襲する考えだな」との反応。

■関連記事
闇営業、契約書なし、安いギャラ、宮迫の今後…吉本・大﨑会長が答えた60分
キンコン西野 芸人の謹慎処分に持論 「俺だったら会社やめる」 「吉本はいい会社」