ハリセンボンのOLちゃんダイアリー
お笑いコンビ「ハリセンボン」の近藤春菜(36)がサブMCを務める日本テレビ系情報番組「スッキリ」に出演。同じ吉本興業のタレント13人が反社会勢力との闇営業で謹慎処分を受けた問題について語りました。

近藤は、吉本興業ホールディングスの大崎洋会長(65)が新聞社などのインタビューに応じ、所属芸人と契約書を交わしていないことについて「(口頭でも)契約関係は法律上成立している」「民法上も、口頭で成立します」などと説明したことに疑問。

「会長は口頭でも契約は成立する、っておっしゃってましたけど。芸人が…お互い同意してないと。口頭でも聞いた覚えないですし、会社の取り分とかほかの部分に関しても何もない。私は養成所(NSC)に入って、そのままなんとなく流れできて。会長のおっしゃってることと芸人みんなの“相違”…、これで納得してる芸人っていないと思います」と批判的な目を向けました。



■近藤春菜 吉本会長の発言に反論「会長と芸人の相違、芸人は納得してない」

k000

 お笑いコンビ「ハリセンボン」の近藤春菜(36)がサブMCを務める日本テレビ系情報番組「スッキリ」に出演。同じ吉本興業のタレント13人が反社会勢力との闇営業で謹慎処分を受けた問題について語った。

 吉本は13日、闇営業で処分した13人について報酬額を公表。雨上がり決死隊・宮迫博之が100万円を受け取っていたことなどを明かした。近藤は吉本の発表について「対応が遅い」と指摘。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

近藤春菜 吉本会長の発言に反論「会長と芸人の相違、芸人は納得してない」

■ハリセンボン公式(近藤春菜/箕輪はるか) Twitter


このニュースに対しネットでは、「とても勇気のある発言。まさかとは思うけど、これで春菜が干されるようなことでもあったらマジで吉本嫌いになるわ」「これだけ芸人サイドから会社への強い批判が出ているけれど......この事件で吉本から「移籍」や「独立」する芸人が出ていない。これも不思議」「口頭でも契約は成立しますが、内容をお互いに確認する上でも、書面にするのが普通だと思いますが。これは、ただの詭弁ですね」「とても率直な意見だと思うが、改革を望むなら、売れっ子の芸人が率先して会社に働き掛けなくては難しい。だが、既に十分な収入を得ている彼らにとって、会社を敵に回してまでそれをするメリットは少なく、むしろデメリットの方が大きい」との反応。

■関連記事
吉本が全タレントに 「共同確認書」 署名義務づけへ
闇営業、契約書なし、安いギャラ、宮迫の今後…吉本・大﨑会長が答えた60分