復活力 (幻冬舎文庫)
お笑いコンビ、サンドウィッチマンの伊達みきおが21日、自身のブログを更新。吉本興業から契約を解消された雨上がり決死隊の宮迫博之(49)と、謹慎処分を受けているロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)について思いをつづりました。

前日20日に行われた2人の謝罪会見を楽屋で見たといい、「とってもお世話になった大好きな先輩2人。顔つき、雰囲気、とてもいつもの二人とは思えない…腹を決めた表情。心からの『申し訳ありませんでした』。何度も。僕は、沢山の方にしっかりと今の気持ちが伝わったと思います」とコメント。

続けて、「東北の震災直後、僕らの楽屋に宮迫さんが一人で来られて…地元大変やったな…時間かかりそうやな…と。しばらく楽屋でお話させて頂き、報道を見て奥さんと色々話して持ってきたからと、数百万円の義援金を僕らに託してくれました」と明かしました。



■サンド伊達 宮迫から東北震災後「数百万円の義援金」と明かす

s000

 お笑いコンビ、サンドウィッチマンの伊達みきおが21日、自身のブログを更新。反社会的勢力との“闇営業”が発覚し、吉本興業から契約を解消された雨上がり決死隊の宮迫博之(49)と、謹慎処分を受けているロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)について思いをつづった。

 前日20日に行われた2人の謝罪会見を楽屋で見たといい、「とってもお世話になった大好きな先輩2人。顔つき、雰囲気、とてもいつもの二人とは思えない…腹を決めた表情。心からの『申し訳ありませんでした』。何度も。僕は、沢山の方にしっかりと今の気持ちが伝わったと思います」と思いやった。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

サンド伊達 宮迫から東北震災後「数百万円の義援金」と明かす

■LIXIL(リクシル)公式 Twitter


このニュースに対しネットでは、「アメトーーク!、ロンドンハーツで世に出れた芸人も多数いる。今回2人は確かに過ちを犯したが、沢山の後輩を育ててきたことも事実。嘘をついたことを完全に償って復帰することを世間は許すべき」「いつか時間がかかっても吉本以外の所属でもいいから復帰してほしいと思う」「助けたいと思う優しい気持ちも悪い誘惑に引き寄せられた弱い気持ちも人間だから…と思える部分はあります。結果として頭を下げて会見をしたことは正しい事なのではないでしょうか?勿論、頭を下げれば全て許されるものではありませんが、隠蔽し続けようとする人達よりも良い」「今後テレビへの出演が減るのであれば、それはSMAP同様テレビ局の忖度とみなしていいと思う。SMAPの3人がそうだったように、先輩や同僚がいくら受け入れても、民放への出演はみられなかった。だから、ここで変わってくれればテレビの力をまた信じられるかもしれない。でも、難しいだろうなぁ」との反応。

■関連記事
東野幸治 謹慎の後輩たちを思いやり涙…松本人志からのツッコミに 「年取った」
上沼恵美子 「だから今の芸人はオモロない」 宮迫を応援する芸人の心情に