文庫 吉本興業の正体 (草思社文庫)
吉本興業の岡本昭彦社長が、会社とタレントのギャラ配分について「5:5から6:4」などと説明したことに対し、芸人たちから反論と“暴露”が相次ぎました。

岡本社長は22日の会見で、若手芸人たちが事務所を通さない“闇営業”をする要因として指摘されている安いギャラ問題について質問を受け、「会社が9、タレントが1ということはない。ざっくりとした平均値でいっても、5:5か6:4です」と説明。

この発言に、所属芸人のキートンは「ギャラ5:5だったのか てことは、私が海外に約1週間行ったあの仕事は、吉本は2万円で引き受けたのか! 優良企業」と皮肉たっぷりにツイート。6月末に解散した元お笑いコンビ「御茶ノ水男子」の佐藤ピリオド.(旧芸名、おもしろ佐藤)は「9割9部9厘:1厘の間違いでは。それを社員さんに抗議に言ったら仕事減らされて。いい思い出だなぁ」と明かしました。



■岡本社長「ギャラ折半」発言に吉本芸人が相次ぎ反論

o000

吉本興業の岡本昭彦社長が、会社とタレントのギャラ配分について「5:5から6:4」などと説明したことに対し、芸人たちから反論と“暴露”が相次いだ。

岡本社長は22日の会見で、若手芸人たちが事務所を通さない“闇営業”をする要因として指摘されている安いギャラ問題について質問を受け、「会社が9、タレントが1ということはない。ざっくりとした平均値でいっても、5:5か6:4です」と説明した。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

岡本社長「ギャラ折半」発言に吉本芸人が相次ぎ反論

■芸人たちの反応


このニュースに対しネットでは、「金額で言ったら、さんま、ダウンタウン、加藤浩次などの一部の高収入芸人が平均をそのくらいに近づけている…と言うことは有りうるかもしれないが、そうだとしてもここは人数で言うべきだろうな」「外資系の生命保険会社の営業と一緒。売ればどんどん掛け目が良くなるし、売れないとどんどんジリ貧になる。まぁ、それでも社会保険は保険会社の方がしっかりしてるし、最低保障金額もバイト並みとはいえ、多少はある分生保営業の方がマシかも」「仕事の特性上、固定給は難しいのは理解できる。固定給にしたら、一定以上稼げない芸人は首を切られて、芸をする舞台を奪われる。だからある程度歩合制になるのは仕方ないしその方がモチベーション向上して面白い芸が出来る。けど、5:5とかは嘘だろ」「よくも悪くも雇用関係にない、マネジメント契約はしているが、社員ではない。生活を保証する立場に会社はない。運営費や雑費で芸人が思うより金はかかってるのでしょう」との反応。

■関連記事
トレエン斎藤 吉本社長の会見批判 「情けない」 「回りくどい」 … 記者もイラ立つ
吉本・岡本社長 「全員クビ」 発言で 「和ませようと思った」