カンニング竹山 単独ライブ「放送禁止2015」 [DVD]
お笑いタレントのカンニング竹山(48)が22日放送のAbemaTVニュース番組「Abema Prime」に生出演。吉本興業の岡本昭彦社長が行った会見について言及しました。

竹山は「僕はほかの事務所所属で、よその事務所について言うのはルール違反かもしれませんが、客観的に会見を見させてもらって疑問点が残る会見だった」とコメント。

「日本中がものすごく興味を持っていたと思う。明日以降もテレビとかでこの会見の模様が流れて、もっと注目が集まるのに。客観的に見て、吉本を一つの企業として見て、危険な会見をしたと思う」と語りました。



■カンニング竹山、吉本興業社長会見は「客観的に見て、危険な会見をした」

k000

 お笑いタレントのカンニング竹山(48)が22日放送のAbemaTVニュース番組「Abema Prime」に生出演。この日、所属タレントらが特殊詐欺グループとの間に行った闇営業に発する一連の騒動で、吉本興業の岡本昭彦社長が行った会見について言及した。

 「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)と「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮(47)が20日に記者会見したのを受けて、「あんなにつらい思いをさせてしまい申し訳ない」と謝罪。「処分を撤回したい」と2人の契約解消を撤回するとし、「戻ってきてほしい」と述べた。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

カンニング竹山、吉本興業社長会見は「客観的に見て、危険な会見をした」

■カンニング竹山 Twitter


このニュースに対しネットでは、「会見を見てこれで吉本が変わらなければならないと言った松本さんや東野さん、極楽加藤さんの希望は叶わなかったように思う。結局言い訳に終始、誠意ある会見には程遠かった。所属芸人や今回発端となった芸人も落胆したのでは...」「そもそも宮迫の不祥事が論点なのに、社長のパワハラが問題になり始めて、だんだんと話がずれてきている。当然岡本社長の態度は、経営者としてふさわしくはないが」「自分たちが思う様にならなかったからと批判するのはどうかと思う。双方に言い分があって、意見相違があったで良いのではないだろうか?とってつけた様に、宮迫は悪いけど…と吉本批判するコメンテーターは、わざと本質をぼかしてる様に見えるのだが」との反応。

■関連記事
岡本社長 「ギャラ折半」 発言に吉本芸人が相次ぎ反論
トレエン斎藤 吉本社長の会見批判 「情けない」 「回りくどい」 … 記者もイラ立つ