純喫茶磯辺 [DVD]
雨上がり決死隊の宮迫博之(49)が“明石家興業”での出直しを希望していると一部報じられています。

明石家さんま(64)の受け入れ申し出に前向きで、関係者は「もう気持ちを切り替えている。新たな場所でやっていきたいと気持ちを固めたようだ」と明かしました。

なお、契約解消の処分が解除となった吉本興業からの復帰ラブコールには応えない方向です。



■宮迫“明石家興業”入り希望 一方で責められる事務所に胸痛め…

m000

 雨上がり決死隊の宮迫博之(49)が“明石家興業”での出直しを希望していることが24日分かった。明石家さんま(64)の受け入れ申し出に前向きで、関係者は「もう気持ちを切り替えている。新たな場所でやっていきたいと気持ちを固めたようだ」と明かした。契約解消の処分が解除となった吉本興業からの復帰ラブコールには応えない方向。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

宮迫“明石家興業”入り希望 一方で責められる事務所に胸痛め…

■【宮迫「明石家興業」入り希望】


このニュースに対しネットでは、「いや、これは都合良すぎではないか?」「やっぱりこうなる。会見の涙は芝居でしたね。会社を批判してマスコミを吉本に向けて問題をすり替えておいて吉本が心配だとは笑わせてくれる」「宮迫は役者だとつくづく思う。復帰してもまた何かしら起こす気がする。今回の反社からの金銭授受の問題が、いつのまにか吉本批判にすり変わって、渡りに船だった。吉本に不満をもつ所属タレントが多いのは分かったけど、話は別です」「自分の嘘から始まったのに30年世話になった会社ぐしゃぐしゃにしてから自分は別の事務所に移って出来るだけイメージ良くするために吉本の事気にしてるフリしてますね。根から腐ってます」との反応。

■関連記事
ガリガリガリクソン、ギャラに不満の芸人を痛烈批判 「才能ないんやから1円なんて当たり前じゃないん?」
大平サブロー 「こいつらふぜいが」 社長批判の若手へ