ナインティナインの上京物語
お笑いコンビ「ナインティナイン」の矢部浩之(47)は28日、“闇営業”に端を発した吉本興業の一連の騒動について初めて口を開きました。

矢部は、27、28日の2日間、滋賀県彦根市で行われた読売テレビの夏の風物詩「第42回鳥人間コンテスト」(8月28日後7・00)に、10年務めた東野幸治(51)に替わるMCとして参加。「嵐は去ったが、会社(吉本興業)は?」との質問に「テープ、回してへんやろな」と笑わせた後、持論を語りました。

積極的に動こうとしている相方の岡村隆史(49)とは違って「ボクは楽観的に見てる」と一歩引いた姿勢。「いろんな話がゴチャゴチャになってる。悪いイメージをプラスにするにはお笑いしかない。お笑いは自虐もできる。それを武器にするのは自分らがやっていくことなのかなと思います」と先を見据え、「すぐに吉本もいい飛行をしてくれるんじゃないかな」と鳥人間コンテストに引っかけました。



■ナイナイ矢部 吉本興業の騒動に「唯一、巻き込まれてないから」も初言及「いい方向に向かったらいいな」

y000

 お笑いコンビ「ナインティナイン」の矢部浩之(47)は28日、“闇営業”に端を発した吉本興業の一連の騒動について初めて口を開いた。

 27、28日の2日間、滋賀県彦根市で行われた読売テレビの夏の風物詩「第42回鳥人間コンテスト」(8月28日後7・00)に、10年務めた東野幸治(51)に替わるMCとして参加した。27日は台風6号の影響で大会は午前中の早い段階で中断し、多くは28日に持ち越しとなった。「嵐は去ったが、会社(吉本興業)は?」との質問に「テープ、回してへんやろな」と笑わせた後、持論を語った。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

ナイナイ矢部 吉本興業の騒動に「唯一、巻き込まれてないから」も初言及「いい方向に向かったらいいな」

■ナイナイ矢部、東野幸治から『鳥人間コンテスト』司会引き継ぐ 秋元真夏はプラットホーム初担当


このニュースに対しネットでは、「こういう人がいてもいいよね。冷静にものごとを見て、自分は笑いを届けるんだとわかってる。力のない第三者があれこれ言うもんじゃない。あとは明石家さんまと松本人志に任せとけばいいじゃない。それで変わらないなら、吉本辞めればいいだけ」「まあコメンテーターとかラジオをやってる人は触れずにはいられないだろうし。SNSでは無理に触れなくてもいいけど、ある程度はねっていうとこもある。そういう意味では巻き込まれてないっていうのは確かにね」「この件に関してはヨシモト芸人は深入りしないほうがいい。発言に中立性を保てないなら特に。損するだけ」「このクラスがコンビで首突っ込むと余計混乱しますね。岡村が表立って動いて、矢部は1歩引いてる形。どう転んでもフォロー出来るようにだと思う。コンビ両方ともお家騒動に巻き込まれたら芸人としてのイメージも良くない。浜ちゃんも同じスタンスでしょうね」との反応。

■関連記事
東野幸治 「ワイドナショー」 で泣いた理由 … スリム、2700は会見も開けない
松本人志 騒動後に岡村隆史から 「話がしたい」 と