一度も愛してくれなかった母へ、一度も愛せなかった男たちへ
女優の遠野なぎこ(39)が、スーパーマーケットで若い女性の店員に対し男性客が激怒している場面に遭遇し、男性客への怒りとともに、制止できなかった自身の後悔をつづりました。

遠野は4日深夜にブログを更新。その直前に訪れたスーパーマーケットで「ジジイが、大声で怒鳴り散らしていました。『レジが遅い、人を呼べ、客が大事だろう』って。閉店間近な店内です。列も出来るし、店員さんも少ないのは当たり前です。そして、怒鳴り散らされた対象は若い女の子でした」という場面に遭遇。

しかし、「静かに様子をうかがっていました…正直、私も怖かったのです。…ごめんなさい、本音です。こんな時代です。いつ自分が被害者となるか、分かりません。何も言えずに、チラチラと見るしか出来ませんでした…今振り返ると、自分でも非常に情けなく悔しく思います」と反省。「帰宅して、怒りの感情がどんどん増幅します。あのクソジジイめ、何の落ち度もない若い女の子を傷つけやがって。マジでマジで、ふざけんな」と、男性客への収まらない怒りをぶちまけました。



■遠野なぎこ後悔…若い女性店員を怒鳴る客止められず

t000

女優の遠野なぎこ(39)が、スーパーマーケットで若い女性の店員に対し男性客が激怒している場面に遭遇し、男性客への怒りとともに、制止できなかった自身の後悔をつづった。

遠野は4日深夜にブログを更新。その直前に訪れたスーパーマーケットで「ジジイが、大声で怒鳴り散らしていました。『レジが遅い、人を呼べ、客が大事だろう』って。閉店間近な店内です。列も出来るし、店員さんも少ないのは当たり前です。そして、怒鳴り散らされた対象は若い女の子でした」という場面に遭遇するも、「静かに様子をうかがっていました…正直、私も怖かったのです。…ごめんなさい、本音です。こんな時代です。いつ自分が被害者となるか、分かりません。何も言えずに、チラチラと見るしか出来ませんでした…今振り返ると、自分でも非常に情けなく悔しく思います」とつづった。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

遠野なぎこ後悔…若い女性店員を怒鳴る客止められず

■遠野なぎこ 後悔…若い女性店員を怒鳴る客止められず


このニュースに対しネットでは、「怒鳴るのは脅迫行為。警察手配で問題ありません。傷害で起訴されたケースもあります」「いろいろ意見はあると思うけど、遠野さんが女性店員に声をかけてあげたのは救いになったと思う」「責任者がいるはずだから、呼ぶべき」「店員さん、なぎこさんの言葉に救われたのではないですか?声をかけてあげただけで十分だと思います。ステキです」「接客業です。身の危険を感じたら、警察に通報するように言われています」「私も若い頃、似たような経験あります。遠野さんの店員さんにかけた言葉、感動しました。一生彼女は忘れないはずです」との反応。

■関連記事
「配達は1分でも遅れたらクレーム」 遠野なぎこ、ウーバーイーツに “プロ意識” を求め共感の声も
遠野なぎこ、赤江珠緒は「一番女に嫌われるタイプ」