フットボールサミット第8回 本田圭佑という哲学 世界のHONDAになる日
近々、社会問題についてツイッターで持論を展開し、ネット上を賑わせている本田圭佑が、今度は学校教育の内容について、切り込んだ投稿をしました。

本田は8月8日に、「なぜ学校では学問を最初に教えようとするのか?本当にそれが生きていく為に必要なことなのか?例えば、何か起こったときに火を自分でおこしたこともない僕はちゃんとした教育を受けたことになるのか? こんなにも自然災害が身近であるのに」と問題提起。

このツイートには、2時間足らずで300件の返信が寄せられ、“いいね”の数も1万を超え。コメントには、「学校の先生、本田さんがよかったなぁ」「日本を変えてください!」など好意的な意見がある反面、「それは親が教えることでは?」「なんでも学校に求めるのは無理がある」など多くの批判的な言葉も寄せられました。



■「学校で学問を最初に教えるのはなぜ?」「本当にそれが必要なこと?」本田圭佑がツイッターで学校教育に持論を展開!

h000

本田のツイートには賛否両論の声が多く寄せられた
 近々、社会問題についてツイッターで持論を展開し、ネット上を賑わせている本田圭佑が、今度は学校教育の内容について、切り込んだ投稿をした。
 
 本田は今年1月に、学生の不登校問題に対して、「別に行かんでいいよ。人生は1回、時間を無駄にするな」と、学校へ行くのがつらい子供たちへエールを送るツイートをアップ。昨年7月には、名古屋時代のチームメイトの安英学(アン・ヨンハ)に招かれ、朝鮮学校へサプライズ訪問をするなど、教育への関心を寄せるような行動が見られていた。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

「学校で学問を最初に教えるのはなぜ?」「本当にそれが必要なこと?」本田圭佑がツイッターで学校教育に持論を展開!

■本田圭佑 Twitter


このニュースに対しネットでは、「そういうのも大事だと思うけど、今の時代親がそれを許さないというか、そんな事勉強じゃないって親もいるからね。教師にもジレンマがあるのはわかってあげて欲しいな」「みんながみんな同じ事をする必要はない。本田氏の考えもあると思うけど私にはそんな考えはない。それだけの話」「学力に対して人間力とでも呼べばいいのかな?そういったことを学ぶことはいいことだと思うけど学問でも全く問題ないと思う。学問だと分かりやすい正解があるから全国的に展開できるけど、人間力みたいなものはそうじゃないから」「その学問のおかげで、自ら火を熾さなくても良くなったし、野生動物を追い回さなくてもご飯が食べれる。基礎学力を身に付けることは非常に大事だと思います」との反応。

■関連記事
本田圭佑 宮迫の契約解消に疑問 「何がそんなに悪いんですかね?」
本田圭佑 「1万円払うのでサッカー教わりたい人?」