哀愁 - ガリットチュウ福島のモノマネ人生劇場 - (ヨシモトブックス)
吉本興業は9日、いわゆる「闇営業」問題で、謹慎処分などになっている所属芸人11人について、8月19日をもって謹慎処分を解き、復帰することを正式に発表しました。

復帰することが発表されたのは、レイザーラモンHG(43)、ガリットチュウ・福島善成(41)、くまだまさし(46)、天津・木村卓寛(43)、ムーディ勝山(39)、ストロベビー・ディエゴ(41)、パンチ浜崎(38)、スリムクラブ・(真栄田賢/43・内間政成/43)、2700(八十島宏行/35、常道裕史/36)。

書面では「8月19日をもって謹慎処分を解き、順次、弊社運営の劇場にて仕事へ復帰することと致しました」と報告。「11名は謹慎処分以降、それぞれが今回の件を重大な問題として捉え猛省し、7月末からは、自らの意思により社会貢献活動を行ってまいりました」とし「11名は活動再開後も被害防止の為の啓蒙活動等の社会貢献活動を行っていく所存です」と伝えています。



■吉本興業、謹慎芸人11人の処分19日に解除 順次劇場にて仕事復帰 活動再開後も「社会貢献活動を」

y000

 吉本興業は9日、反社会的勢カの宴会に出席して金銭を受け取るなどした、いわゆる「闇営業」問題で、謹慎処分などになっている所属芸人11人について、8月19日をもって謹慎処分を解き、復帰することを正式に発表した。

 復帰することが発表されたのは、レイザーラモンHG(43)、ガリットチュウ・福島善成(41)、くまだまさし(46)、天津・木村卓寛(43)、ムーディ勝山(39)、ストロベビー・ディエゴ(41)、パンチ浜崎(38)、スリムクラブ・(真栄田賢/43・内間政成/43)、2700(八十島宏行/35、常道裕史/36)。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

吉本興業、謹慎芸人11人の処分19日に解除 順次劇場にて仕事復帰 活動再開後も「社会貢献活動を」

■ガリットチュウ福島 Twitter


このニュースに対しネットでは、「一度ミスしたからと、再チャレンジを許さないというのは違う。頑張っていただきたい。ただ何度も平気でミスを続ける人は違う仕事についたほうがよいですね」「宮迫は論外だし、亮もまだ早いけど、この11人はある意味宮迫の被害者でもあるので、分けて考えてほしいですね。もちろん、逆風はあると思いますが、今後はきちんとお笑いに取り組んでほしいです」「揃いも揃って今となっては・・・という芸人だけどもう少し面白いことやってほしいなあ」「どさくさに紛れさせてスリムクラブと2700も復帰させたんだね。あらかじめ反社組織と知っていたのか知らなかったのかで大きく処分が分かれるものだと思っていた」との反応。

■関連記事
松本人志、浜田雅功とサシ飲み&中居・岡村会食報道に 「ガセがひどい」 所属事務所も否定
さんま 「宮迫、他当たってくれるか」 個人事務所の内情に苦笑い