#1  雨上がりコンプライアンス
「ホトちゃんの芸人力を見た気がする」――闇営業問題で宮迫博之がテレビ番組から姿を消す中、相方の「雨上がり決死隊」蛍原徹が、現在単独でMCをつとめる「アメトーーク!」(テレビ朝日系)で放った「ギャグ」が笑いを誘いました。

2019年8月8日の放送では、ゲストのお笑いコンビ「見取り図」が持ちネタを披露。実演で「サッカー」とお題を出された見取り図の2人は即興で「蹴ると」→「飛ぶ」とつなげてみせたが、あまりに当たり障りのない言葉だったためスタジオは苦笑。

締りのない展開にMC・蛍原さんもヤジを入れると、「大悟さんと蛍原さんでやってみてくださいよ」と駆り出され、お題役の「千鳥」ノブが出したのは「アメトーーク」。これに大悟が上の句で「行くと」と言うと、蛍原が「ひとり」と繋げ、スタジオは爆笑の渦に包まれました。



■アメトーーク→行くと→「ひとり」 宮迫不在ネタにする蛍原に「ぜんぶ持ってかれた」

a000

 「ホトちゃんの芸人力を見た気がする」――闇営業問題で宮迫博之さんがテレビ番組から姿を消す中、相方の「雨上がり決死隊」蛍原徹さんが、現在単独でMCをつとめる「アメトーーク!」(テレビ朝日系)で放った「ギャグ」が笑いを誘った。

 2019年8月8日の放送では、ゲストのお笑いコンビ「見取り図」が持ちネタを披露。これを蛍原さんがやってみた時、思わず口走った一言が視聴者に衝撃を与えた。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

アメトーーク→行くと→「ひとり」 宮迫不在ネタにする蛍原に「ぜんぶ持ってかれた」

■アメトーーク


このニュースに対しネットでは、「過去、アメトーークで幾度か蛍ちゃんに振られる場面あったけど、こういう時にスパッと締りのいい言葉で落とせるのは、確かに芸人力だと思う」「これには笑った」「天然物やな。これ見た後輩は俺も弄りたいって思った芸人はさらに増えたと思う。これはどっちもおいしいもん」「選んだワードはもちろんのこと、間、表情、言い方全てが神がかかっており、芸人・蛍原徹の凄みさえ感じるものだった」「千鳥の2人の奇跡的なパスからのこれ以上ないナイスゴールだった。アメトーークっていうお題は蛍原さんがやる前に出ててもおかしくないし、そもそも見取り図がこのネタしてなかったらってのもあるし、いろんな奇跡が重なったと思う。今年のアメトーーク大賞は決まりじゃない?」との反応。

■関連記事
吉本興業、謹慎芸人11人の処分19日に解除 順次劇場にて仕事復帰 活動再開後も 「社会貢献活動を」
松本人志、浜田雅功とサシ飲み&中居・岡村会食報道に 「ガセがひどい」 所属事務所も否定