大河ドラマ「いだてん」オリジナル・サウンドトラック 後編
NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺」(日曜午後8時)の第30回が、11日に放送され、関東地区の平均視聴率が、大河ドラマ史上最低となる5・9%だったことが13日、ビデオリサーチの調べで分かりました。

同作は第22回で6・7%(関西地区6・0%)と、当時の大河ドラマ史上最低の数字を記録しましたが、これを更新。関東地区では初めての5%台に。

これで第6回から第30回まで25話連続で1桁の数字となりました。



■NHK「いだてん」大河史上最低を更新5・9%

i000

NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺」(日曜午後8時)の第30回が、11日に放送され、関東地区の平均視聴率が、大河ドラマ史上最低となる5・9%だったことが13日、ビデオリサーチの調べで分かった。

同作は第22回で6・7%(関西地区6・0%)と、当時の大河ドラマ史上最低の数字を記録したが、これを更新してしまった。関東地区では初めての5%台。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

NHK「いだてん」大河史上最低を更新5・9%

■大河ドラマ「いだてん」 Twitter


このニュースに対しネットでは、「NHKの大河ドラマの失敗。東京オリンピックを盛り上げのためだと思うが地方は関係無い。こういうところがNHKにボディブローのようにきいてくる。製作はだれのために番組を作るかもう一度考えた方がいい。今の経営陣には無理かもしれない」「勝手に番組を作って、電波に乗せて流していて受信料を払わせているのであれば、国民が観る番組を作るべきだし、低視聴率なのであれば、ドラマ自体を作るべきではない」「近代以降の大河は成功し難い。特に詳細な記録が存在していて様々な機会で紹介された出来事ほど、よほど上手くドラマ化しないと「コレジャナイ感」ばかりが強まる」「元々、いだてんは大河ドラマにすべきじゃなかった。視聴率が悪いのも、当然だ。オリンピックを盛り上げるために、いだてんにしたのだろうが、NHKの大事な大河ドラマを、オリンピックの協賛番組みたいにしてしまった責任は大きい」との反応。

■関連記事
NHK 「いだてん」 視聴率が大河ワーストの7・1%
NHK、ピエール瀧容疑者 「いだてん」 出演シーンを第1話から全部撮り直しへ