毎日新聞落語会 立川志らく1「文七元結」「時そば」
13日放送のTBS系「ひるおび!」で、人気アニメ「それいけ!アンパンマン」の主人公アンパンマンの必殺技「アンパンチ」で幼児が暴力的になるのではという話題について特集をしました。

落語家の立川志らく(55)は「アンパンマンを暴力的だと思い込んでいる親の教育からやり直した方がいいくらいですよ」と心配する親をダメ出し。

「そこでバーンってやったらダメだよって教えるのが教育なのに、子どもを無菌状態にしてろくな子どもにならないですよ。バイキンマンみたいに悪い事をすると、ひどい目にあうんだよって教えればいいだけのこと」と続けました。



■立川志らく、「アンパンチ」で幼児が暴力的になるという論争浮上に「親がおかしくなってる」

t000

 13日放送のTBS系「ひるおび!」(月~金曜・前10時25分)では、人気アニメ「それいけ!アンパンマン」の主人公アンパンマンの必殺技「アンパンチ」で幼児が暴力的になるのではという話題について特集をした。

 「アンパンチ」で幼児が暴力的になると心配する親の声がネット上で見られ、ツイッターでトレンド入りするなど議論が広まった。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

立川志らく、「アンパンチ」で幼児が暴力的になるという論争浮上に「親がおかしくなってる」

■アンパンチ


このニュースに対しネットでは、「志らくさんの意見に賛成!無菌状態で成長すると考えが貧困になったり、想像力が雪辱したりする。法律に違反しない程度の経験は子供にとって大切なこと」「モンペは相手にしないほうがいい」「こういう類の問題は、なんとも思わない人が大多数であっても、そういう人たちは声を上げない。ごく一部の問題視する人たちが声を上げるため、あたかも多くの人が問題視しているように錯覚してしまう」「暴力的になるのは、他に理由があると思います。言い掛かりもいいとこです。アンパンマンを観てアンパンチをしてくるのなら、親が子供にしっかり教えればいい、それだけのことです」との反応。

■関連記事
志らく、弟子へ 「全員破門にするか前座に降格」 芝居手伝い来ず悲しみツイート連投
志らく、M1の 「笑えなかった」 発言 → 高得点を説明