高嶋ちさ子 plays ジブリ
バイオリニストの高嶋ちさ子(50)が15日、フジテレビ系で放送された「直撃!シンソウ坂上」に出演。2017年8月に亡くなった母の子育てや、家族について語りました。

ピアニストだった母・薫子さんは幼いころから高嶋に厳しすぎるほどバイオリンの指導。坂上忍とのインタビューで、その理由について語り始めた時、姉・未知子さんが「ダウン症」と明かしました。

「(母が)私と兄を産んだのは…、将来、母と父が亡くなった時に、みっちゃん(未知子さん)の面倒をみる人を産んだ」と説明。物心ついた頃から姉の世話役が当たり前だと思って生きてきたといい、「『みっちゃんがいなかったら、産んでないから』って言われた」ことも明かしました。



■高嶋ちさ子 「ダウン症」の姉の面倒をみさせる為に…母は私を産んだ

t000

 バイオリニストの高嶋ちさ子(50)が15日、フジテレビ系で放送された「直撃!シンソウ坂上」(木曜、後9・00)に出演。2017年8月に亡くなった母の子育てや、家族について語った。

 ピアニストだった母・薫子さんは幼いころから高嶋に厳しすぎるほどバイオリンの指導をした。坂上忍とのインタビューで、その理由について語り始めた時、姉・未知子さんが「ダウン症」と明かした。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

高嶋ちさ子 「ダウン症」の姉の面倒をみさせる為に…母は私を産んだ

■直撃!シンソウ坂上【公式】 Twitter


このニュースに対しネットでは、「強く強く生きてる人だと思う。これからも頑張って欲しいしエネルギーを与えて欲しいです」「少なからず苦労はあったろうに、そんな感じを微塵も出さない姿には感心する」「姉を支えるために生まれてきたなんて母に言われて、それを受け入れられる高嶋さんは強い。しかし、隠し持った葛藤はあっただろう」「人は「守るべきモノ」があると強くなる。高嶋さんの意見や行動には賛否があるだろうけど、一切ブレない強さは凄いと思う。お姉さん、以前TVの番組に出ていたが、中々の強者でした」「きつい言い方もするし、厳しい言い方もするけど、それだけではない感じを与えるのは、色々な苦労があってこそなんですね」との反応。

■関連記事
高嶋ちさ子、人を応援しない本音吐露 「他人をどうやって応援する?」 と困惑する姿に賛否
高嶋ちさ子、ダウン症姉が憤慨 小学生から 「ダウン症なんでしょ?喋らないでくれる?」 と言われ