カメラを止めるな! [Blu-ray]
「カメラを止めるな」でブレイクした映画監督の上田慎一郎氏が15日に放送されたフジテレビ系「アウト×デラックス」に出演。映画以外のことは考えていない日常のため、自宅住所も覚えていないという驚きの生活を明かしました。

上田監督は20代前半に詐欺にあい、200万円をだまし取られたことから、自宅がなくなり代々木公園でホームレスをしていたことがあったという。

それでも大好きな映画のことだけを考えていたいことから、今でも映画以外のことには一切力を割きたくないといい、現在の自宅に越して3年経つも「自宅住所が覚えられない」と語り、外食でもメニューを決める時間がもったいないと、同じ物しか食べないという徹底した映画ファーストぶり。驚きの私生活に出演者も口をあんぐりさせていました。



■カメ止め・上田監督、自宅住所覚えられず 映画以外は興味なし、外食も常に同じメニュー

k000

 「カメラを止めるな」でブレイクした映画監督の上田慎一郎氏が15日に放送されたフジテレビ系「アウト×デラックス」に出演。映画以外のことしか考えていない日常のため、自宅住所も覚えていないという驚きの生活を明かした。

 上田監督は20代前半に詐欺にあい、200万円をだまし取られたことから、自宅がなくなり代々木公園でホームレスをしていたことがあったという。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

カメ止め・上田監督、自宅住所覚えられず 映画以外は興味なし、外食も常に同じメニュー

■上田慎一郎 Twitter


このニュースに対しネットでは、「作品以外の部分で露出させる必要はないと思う。作品が良ければそれでよいのだし、犯罪者でもなければ私生活は作品の評価に全く関係がない」「あれだけ面白いと言われていたカメ止めみたけど意味もわからず面白くなかった」「カメ止め見たけど、低予算で作ったことと、カメラワークが新しいと感じたことは評価するけど、そんなにいいかね?ストーリーも、ふーんって感じで、言うほど良くなかった」「でしょうね!じゃないとあの映画は創れない!」「何か大きなことをしたい人は、それ以外を犠牲にしないといかんのだろうね。宮崎駿なんかも労働時間が異常だったそうだし」との反応。

■関連記事
新海誠監督、本田翼の演技について 「どんどん違いキャラクターになっていく。キャストの中で一番、遠いところにいった」
“安倍首相を揶揄” 疑惑の佐藤浩市に各方面から批判 「映画化キャストにNG出す」