ayumi hamasaki 21st anniversary -POWER of A^3-(Blu-ray Disc)
歌手の浜崎あゆみ(40)が、音楽プロデューサーで育ての親であるエイベックスの松浦勝人会長(54)との交際を初告白した小説「M 愛すべき人がいて」(幻冬舎)が来春、テレビ朝日で連続ドラマ化されると一部報じられています。

幻冬舎によると、初版は5万部で、この日までに2度の増刷で計13万部を発行。反響を受け、映像化のオファーが相次いだ中、広告代理店関係者によると、テレビ朝日が獲得しました。来春に連続ドラマにする方向で話が進んでいるという。

注目のキャスティングはこれからになるが、スキャンダラスな魅力もある“平成の歌姫”を誰が演じるのか。現役のトップスターをテレビドラマで演じること自体が珍しいだけに、さらに話題を呼びそうです。



■キャスティングも注目 あゆ小説 来春連ドラに オファー殺到の中でテレ朝が獲得

h000

 歌手の浜崎あゆみ(40)が、音楽プロデューサーで育ての親であるエイベックスの松浦勝人会長(54)との交際を初告白した小説「M 愛すべき人がいて」(幻冬舎)が来春、テレビ朝日で連続ドラマ化されることが16日、分かった。

 同書は、浜崎への取材を基にノンフィクション作家の小松成美氏が手掛けた“激白小説”。秘められた恋の告白は話題を呼び、7月31日の発売から今月6日までアマゾンの書籍ランキングの「総合」で7日間連続1位。同じく「日本文学」のカテゴリーでは16日まで17日間連続1位となっている。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

キャスティングも注目 あゆ小説 来春連ドラに オファー殺到の中でテレ朝が獲得

■松浦勝人 Twitter


このニュースに対しネットでは、「TOKIO長瀬との恋愛が無かったことになってるな。エーベックス社長との不倫より、こちらの方が世間は興味があると思うんだが」「映画とかには、なるかなーと思っていましたが、ドラマ。なかなか難しいですよね。松浦さんは、困惑してても結果的にドラマ化もOKしたのならば、やっぱり戦略だったんですよね」「たぶんコケると思う。誰もそこまでこの人にもはや興味はない。テレ朝はよく獲得に乗り出したな。こういうのは一番慎重な局だと思うしだからこそ好調なんですが」「出版元の幻冬舎オーナーの見城はテレ朝の外部顧問。早い話が、最初から出来レースだ」「本人出演でやってほしい(Mも含めて)。怖いもの見たさで観ると思う」との反応。

■関連記事
見城社長、浜崎あゆみ告白本 「ドラマ化決定しそう」
古市憲寿氏、浜崎あゆみの恋愛告白本に 「答え合せができて嬉しい」