Hanako (ハナコ) 2015年 2月26日号 No.1081
24日にスタートした毎夏恒例の日本テレビ系チャリティー番組「24時間テレビ42 愛は地球を救う」(25日まで)の名物企画、4人の走者でつなぐ「24時間駅伝」の未発表だったランナーは、同局の水卜麻美アナウンサー(32)であることが番組開始後に発表されました。

現役の局アナ、および番組の総合司会が走るのは初めて。水卜アナは、第1走者のハリセンボン・近藤春菜(36)、2走のガンバレルーヤ・よしこ(28)の次の第3走者で、アンカー・いとうあさこ(49)へタスキをつなぐ。

水卜麻美アナウンサーは、ほかの3人に先立ち6月上旬に練習を始め「今までいろんな方のチャレンジを見させていただいて、私自身もパワーをもらった。自分に何ができるだろうかとずっと思ってきた」と意気込みを語り「黙っててごめんなさい。ご迷惑をおかけします」とコメントしました。



■水卜麻美アナが「24時間駅伝」走る!総合司会で初のランナー挑戦…春菜、よしこ、水卜、あさこの順でタスキリレー

m000

 24日にスタートした毎夏恒例の日本テレビ系チャリティー番組「24時間テレビ42 愛は地球を救う」(25日まで)の名物企画、4人の走者でつなぐ「24時間駅伝」の未発表だったランナーは、同局の水卜麻美アナウンサー(32)であることが番組開始後に発表された。

 現役の局アナ、および番組の総合司会が走るのは初めて。水卜アナは、第1走者のハリセンボン・近藤春菜(36)、2走のガンバレルーヤ・よしこ(28)の次の第3走者で、アンカー・いとうあさこ(49)へタスキをつなぐ。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

水卜麻美アナが「24時間駅伝」走る!総合司会で初のランナー挑戦…春菜、よしこ、水卜、あさこの順でタスキリレー

■日本テレビ スッキリ Twitter


このニュースに対しネットでは、「日テレはブラック企業。通常勤務に加えて過酷なマラソンまでやらせるのは、社員を酷使しすぎでは。労基のガサ入れお願いします」「確かに最近、痩せてきたなと思ってました。体を壊さないように、頑張ってください」「苦しくても大変でも、自分がやりたい事を頑張っている人は心から応援したいと思うけれど、自分の意思に反して決められて、致し方なく走るっていうのは可哀想としか思えないんですよね。どうか皆さん体調には気を付けて、大変ですがお仕事頑張ってください」「オファー受ける方がギリギリまで見つからず、結果局員でいかざるを得ない状況だったのでは?」「単純にアナウンサーだと出演料を払わなくていいからじゃないのかな?そこまでしてやらなくてもいい気がするんだけど、、、」との反応。

■関連記事
有吉弘行、またも的中なるか? 残された最後の “24時間ランナー” を予言
“24時間マラソン駅伝”よしこ&春菜は10キロ短縮…あさこは予定通りフル走行、最後の1人は当日発表