BRAVE (通常盤)
人気グループ・嵐の相葉雅紀が25日、出演する日本テレビ系『24時間テレビ42』で、メンバーに向けて手紙を朗読。会場の両国国技館、そしてテレビを見ている視聴者が感動に包まれました。

相葉は嵐の20年間の活動を振り返りながら、嵐のメンバーを「最愛のパートナーです」と表現し、「メンバーがいたから、僕は成長させてもらいました」と感謝の言葉を述べました。

そして、活動休止についても「僕は休止と書いて“パワーアップ”と読むと思っています。パワーアップした僕たちは、応援してくれるみんなのために、メンバー一人ひとりが愛している嵐のために、近い将来、絶対にグループ活動しようね」と活動再開を呼びかけました。



■相葉雅紀、15年ぶりにメンバーへ手紙「休止と書いて“パワーアップ”と読む」【全文掲載】

a000

 人気グループ・嵐の相葉雅紀が25日、出演する日本テレビ系『24時間テレビ42』で、メンバーに向けて手紙を朗読。会場の両国国技館、そしてテレビを見ている視聴者が感動に包まれた。相葉が同番組で手紙を読むのは、2004年以来15年ぶり。

 番組終了まで1時間を切ったなか、相葉がメンバーへ思いを込めた手紙を読むことに。櫻井翔は「事前に言ってもらわないと」とこぼしながら、メンバー全員が相葉の言葉を聞き入った。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

相葉雅紀、15年ぶりにメンバーへ手紙「休止と書いて“パワーアップ”と読む」【全文掲載】

■24時間テレビ42 Twitter


このニュースに対しネットでは、「トップになるって夢叶えようね。嵐がトップになるって数字や順位なんじゃない。おそらく、いつまでも満足する事もこれで良いと思う事も無い。目の前に有る事を五人で同じベクトルで一生懸命まっすぐにやり続ける事が嵐の思うトップになる夢だと思う」「嵐は素晴らしいグループですね。休止は残念だけど5人の絆はずっとこれからも続いていくんだろうなと感じました」「ちゃんと伝えると言った宣言通り、今回は相葉さんこらえて泣かずに手紙読めたね。嵐の絆はどんな形になっても変わらないと思うので、休止までは走り続けて、休止後は少しゆっくりしてほしいです」「休止はパワーアップ。エネルギーを溜める為
嵐はメンバーが嵐が大好きで嵐を守る為、続ける為に休止を選んだと思う。休止まで全力で嵐を楽しむ5人を楽しみたいと思います」との反応。

■関連記事
水卜麻美アナが 「24時間駅伝」 走る!総合司会で初のランナー挑戦
有吉弘行、またも的中なるか? 残された最後の “24時間ランナー” を予言