大丈夫/最上の船頭【Dタイプ】
演歌歌手の氷川きよしが30日、さいたまスーパーアリーナで開催されたアニソンイベント『Animelo Summer Live 2019 -STORY-』に出演。ネットを中心に「ビジュアル系化?」と話題となった衣装やメークを披露し、アニメ『ドラゴンボール超』主題歌「限界突破×サバイバー」を歌い上げ、2万8000人の観客を熱狂させました。

間奏では豪快なヘッドバンギングを決め、楽曲の締めに会場一体となってジャンプ。さらに「子どもの頃、何度も励まされた」というアニメ『北斗の拳 2』の主題歌「TOUGH BOY」も熱唱するなど、会場の熱気をさらに高めました。

パフォーマンス直後の取材で「解き放たれたような気持ち。楽しかった」と充実の表情を浮かべた氷川。特に注目を集めた衣装については「ブラックきよし」とテーマを明かしつつ「プライベートでは着ないけど、これからのステージでも着ていこうかな」とほほ笑みました。



■氷川きよし“V系風”衣装で『アニサマ』再降臨 演歌との両立誓う「ロックも本気で」

h000

 演歌歌手の氷川きよしが30日、さいたまスーパーアリーナで開催されたアニソンイベント『Animelo Summer Live 2019 -STORY-』に出演。ネットを中心に「ビジュアル系化?」と話題となった衣装やメークをこの日のステージでも披露し、アニメ『ドラゴンボール超』主題歌「限界突破×サバイバー」を歌い上げ、2万8000人の観客を熱狂させた。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

氷川きよし“V系風”衣装で『アニサマ』再降臨 演歌との両立誓う「ロックも本気で」

■【タマホーム公式】ハッピーソング 氷川きよし ロック篇


このニュースに対しネットでは、「個人的には前の爽やかな感じの方が良かったな」「何かから解放されてノビノビされてますね」「側から見ると面白いけど昔からのファンはどういう心境なんだろう」「きよしの変化が凄すぎて、最近は目が離せなくなった。気づけばきよしに夢中になってる」「良いと思うけど。本当にやりたいことやれば。YUIや鬼束ちひろみたいに我慢してるなら、本当の自分を解き放てば良い」「最終的に何を目指しているのか気になります」「これを見るとデビューからずっとおばさま相手に笑顔作ってきたこときつかっただろうなあ」との反応。

■関連記事
氷川きよしが生放送でAKB48のメンバーと握手 → オタぶち切れ 「無銭握手だ」 と批判