松本兄の「ng」
「ダウンタウン」松本人志(55)の兄でシンガー・ソングライターの松本隆博(58)が1日、涙活に特化した団体「松本興業」を立ち上げることがわかりました。

弟が所属する吉本興業は「笑いの総合商社」と呼ばれるのに対し、こちらは「涙の総合商社」を標榜(ひょうぼう)。涙活プロデューサーの寺井広樹氏(39)と共同代表制をとり、法人化を視野に入れています。

吉本の闇営業騒動では弟の人志が、ルールを破った後輩芸人を救済するため「松本興業」構想をぶち上げていました。まだ具体化はしておらず、隆博側が先んじた形。隆博は「松本興業」と名付けることについて人志にはまだ伝えていないとのことです。



■松ちゃん兄「松本興業」立ち上げ 弟より先に涙活「N-1ぐらんぷり」年内開催予定

m000

 「ダウンタウン」松本人志(55)の兄でシンガー・ソングライターの松本隆博(58)が1日、涙活に特化した団体「松本興業」を立ち上げる。弟が所属する吉本興業は「笑いの総合商社」と呼ばれるのに対し、こちらは「涙の総合商社」を標榜(ひょうぼう)。涙活プロデューサーの寺井広樹氏(39)と共同代表制をとり、法人化を視野に入れている。

 家族の絆や感謝の大切さを歌う隆博は、約1年前に寺井氏と涙活イベントで共演。交流を重ねていく中「しっかり組織を整え、泣きのエンターテインメントを極めよう」との考えで一致。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

松ちゃん兄「松本興業」立ち上げ 弟より先に涙活「N-1ぐらんぷり」年内開催予定

■松本隆博(シンガーソングライター) Twitter


このニュースに対しネットでは、「吉本や松本さんの現状を考えれば、空気の読めない便乗商法と言わざるを得ない。今がチャンスと思ってます?」「過去に何度かテレビに出演されていたが。見れば判ります、ブレークされない理由」「この人のライブを、たまたま観る機会があったので拝見したけど、本当に毒気のない、しっかりとした人で1年の殆どを土佐周りして営業されています。それと今回の件は、ちょっと違うけど、この話題は、どこまで引っ張れるでしょうかね・・・・」「結局泣きをみるのは御本人。「こっちが泣きたいわ!」というのが松本人志」「売れないド素人同様にも拘らずメディアに取り上げられてもううのは松本人志の兄という理由だけ。。本人もつらいだろうから取り上げる必要ないだろう。。」との反応。

■関連記事
松本人志の “若い頃のオカン” 写真に反響
小川菜摘、浜田雅功と次男25歳誕生会 集合写真公開も 「紛らわしくてごめんなさい」