SWITCH Vol.30 No.12 ◆ 浜田雅功 ◆ 誰がためのツッコミか
脚本家、演出家、映画監督として活躍する三谷幸喜氏が13日、フジテレビ系「ダウンタウンなう」に出演し、浜田雅功に「〇されかけた!」と訴えました。

番組で三谷氏は「この人に〇されかけた。ひどいんです。本当に死ぬかと思った」と浜田を告発。「ガキ使」の企画で、三谷氏は「鼻わさび」という罰ゲームを受けることになった。浜田がわさびチューブを両手に握り、三谷の鼻につっこんでしぼるという内容でした。

さらに三谷氏は「しかも許せないのは、危険だと分かったからこの後やってないでしょ」とツッコみ、松本が「あれ以降鼻わさびはNGになりました」と認めると、三谷氏は「なんで僕で実験するんだ」と笑いを誘いました。



■浜田雅功 三谷幸喜氏から「この人に〇されかけた」…ガキ使の企画で

h000

 脚本家、演出家、映画監督として活躍する三谷幸喜氏が13日、フジテレビ系「ダウンタウンなう」に出演し、浜田雅功に「〇されかけた!」と訴えた。日本テレビ「ガキの使いやあらへんで」に三谷氏が出演した際の出来事だったとしている。

 三谷氏は「この人に〇されかけた。ひどいんです。本当に死ぬかと思った」と浜田を見つめた。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

浜田雅功 三谷幸喜氏から「この人に〇されかけた」…ガキ使の企画で

■【公式】ダウンタウンなう Twitter


このニュースに対しネットでは、「その時の経験が、おもしろい話として今回役に立ったね」「あのわさびはキツかったと思う」「普通の芸人なら躊躇するところを浜ちゃんはその壁をぶち破っていくからな…。浜ちゃんだから出来る唯一の行動だけどね」「浜田さん、芸人なら芸で笑いを取る様にして下さい。度が過ぎたいたずらとしか思えません。やってる自分は気分が良いのでしょうが、見てる方は度が過ぎたいたずらをテレビに流されるのは気分が悪い」「サイレント史上最もインパクトのある回だった。やられるほうにも力がないとテレビとして成立しない。オンエアNG残念ですが、突き抜けた笑いだと思う」との反応。

■関連記事
ガキ使で 「岡本社長イジリ」 「絶対に笑ってはいけない」 大晦日への伏線か?
【映画】 三谷幸喜映画、8作目は政界コメディー!記憶喪失の総理役に中井貴一