笑点 宴ー放送50周年完全保存版ーDVDーBOX
落語家、立川晴の輔(46)が15日放送の日本テレビ「笑点」に出演しました。落語立川流の「笑点」出演は50年ぶりという。

番組序盤に「本日円楽さんの代演は…50年ぶりに立川流が登場」とテロップで紹介され、大喜利に晴の輔が登場。三遊亭円楽(69)が脳腫瘍で入院していた時に収録されたため、ピンチヒッターを務めました。

「私は落語立川流という暗黒集団からやって参りました。ブラックな一門と言われていますので、腹黒の席はぴったりだと思います」と円楽の腹黒キャラかけてあいさつ。「〇〇は〇〇に食わすな」というお題に「牛タンは政治家に食わすな、ほーら二枚舌になっちゃった」と軽妙に披露するなど、観覧客の喝さいを浴びました。



■日テレ「笑点」50年ぶりに立川流出演 円楽代演に立川晴の輔

t000

 落語家、立川晴の輔(46)が15日放送の日本テレビ「笑点」(日曜後5・30)に出演した。落語立川流の「笑点」出演は50年ぶりという。

 番組序盤に「本日円楽さんの代演は…50年ぶりに立川流が登場」とテロップで紹介され、大喜利に晴の輔が登場。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

日テレ「笑点」50年ぶりに立川流出演 円楽代演に立川晴の輔

■立川晴の輔 Twitter


このニュースに対しネットでは、「三平よりも面白いな。円楽さん戻ったら三平を外した方が面白いと思う」「今まで、こん平師匠や歌丸師匠や木久扇師匠が休んだ時にも一切代演を立てなかった笑点が、ここにきて代演を立てたのは、本気で三平と比べてみようという意図があったのではないかと勘ぐってしまう」「順番的には次は木久扇さんが降板するんだろうけど、2代目木久蔵ではなく晴の輔でいいと思う」「若手大喜利に出てる人たちって三平より実力があって面白いですよね。円楽師匠戻ったら三平のところ週替りにしたら面白いんじゃない?と思いました」「談志師匠が亡くなって、立川流の出演が解禁されるのではと思ったが(BSではあったが)ここにきてその流れがきたか。となると演芸コーナーにも立川流の落語家(志の輔、談春、志らく、談笑etc.)が出演するのも時間の問題か」との反応。

■関連記事
岡村隆史 “遅すぎ婚” 春風亭昇太の結婚に刺激 「夢列車、まだまだ走り続けますよ!」
春風亭昇太、結婚相手は19歳下 独身ネタへの飽きも告白 「いつまでやっているんだ」