ロケーションジャパン2019年10月号(表紙:吉沢亮)[雑誌]
俳優の吉沢亮(25)が17日、都内で声優を務めたアニメ映画「空の青さを知る人よ」(長井龍雪監督、10月11日公開)のプレミア試写会に出席しました。

同映画は、オリジナルストーリー長編アニメーションで、過去と現在をつなぐ、切なくてちょっと不思議な“2度目の初恋”物語。

作品のタイトルにかけ“青かったこと”を質問されると吉沢は「高校時代、友達が少なくて。それで、リア充みたいな人の悪口をずっと言っていた。青いというより、黒かったですね」と突然の告白で会場を驚かせました。



■吉沢亮「人の悪口ずっと言ってた」高校時代は黒歴史

y000

俳優の吉沢亮(25)が17日、都内で声優を務めたアニメ映画「空の青さを知る人よ」(長井龍雪監督、10月11日公開)のプレミア試写会に出席した。

同映画は、オリジナルストーリー長編アニメーションで、過去と現在をつなぐ、切なくてちょっと不思議な“2度目の初恋”物語。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

吉沢亮「人の悪口ずっと言ってた」高校時代は黒歴史

■映画『空の青さを知る人よ』 Twitter


このニュースに対しネットでは、「悪口言っていたことを告白する人は善人だな」「自ら明かすのなら、大した内容ではなかったのでしょうね」「友達は少なくても女からはモテてたと思う。そこが俺との違いかな」「お友達になりたかった子沢山いたと思うよ。」「たとえ性格悪くてもそれをカバーする程のイケメン」「あの人が他人の悪口言ってるの見た事ないって言うド定番の褒め言葉があるけど、いつも疑問に思う。世の中悪い奴もいれば良い人もいる。良い人に対しては褒めれば良いし悪い人にまでそれをする必要は無いでしょう」との反応。

■関連記事
2021年大河ドラマ 『青天を衝け』 主演は吉沢亮 新一万円札・渋沢栄一の生涯描く
吉沢亮、カッコいい理由は 「遺伝です」