My Struggle against Leprosy
日本財団パラリンピックサポートセンターを設立した同財団の笹川陽平会長(80)が20日、公式ブログで「パラリンピックまでの期限付きでSMAPの再結成を願いたい」と呼びかけました。

2020年東京パラリンピックに向けて、SMAPを15年に同センターの応援団として起用。同11月に実施された「パラ駅伝」には5人そろって参加し、国内障がい者スポーツ大会では前例のない1万4000人以上の大観衆を集め、機運醸成に貢献しました。

笹川氏はこれまでブログで、16年のSMAP解散後に独立した「新しい地図」3人のテレビ出演が激減したことについて、東京パラを成功させるという観点から「早期のテレビ復帰を望む」などとブログで主張。この日の投稿でも改めて「パラリンピック東京大会を何としても成功させたい」と強調。「夢の実現のために怨讐(おんしゅう)を忘れ、パラリンピックまでの期限付きでSMAPの再結成を願いたいものだ」と訴えました。



■笹川陽平氏 SMAPの再結成を呼びかけ「パラリンピックまでの期限付きで」

s000

 日本財団パラリンピックサポートセンターを設立した同財団の笹川陽平会長(80)が20日、公式ブログで「パラリンピックまでの期限付きでSMAPの再結成を願いたい」と呼びかけた。

 2020年東京パラリンピックに向けて、SMAPを15年に同センターの応援団として起用。同11月に実施された「パラ駅伝」には5人そろって参加し、国内障がい者スポーツ大会では前例のない1万4000人以上の大観衆を集め、機運醸成に貢献した。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

笹川陽平氏 SMAPの再結成を呼びかけ「パラリンピックまでの期限付きで」

■BLOGOS編集部 Twitter


このニュースに対しネットでは、「また、すごいことを思いつく・・・・実現すればもっとすごい・・・・」「難しいけど、また5人を見たい。TBSに、中居くんがメインキャスターにならなかったのは、開会式に出るからと勝手に思ってるよ」「私は素直に、笹川氏の要望を有難いと感じます。期限付きで充分ということではなく、せめて願いが叶うならばパラリンピックの間だけでも、参加される皆さんの心の支えになって頂けないだろうか、応援して盛り上げてはもらえないかと、藁をもつかむ願いなのだと思います」「5人が5人とも納得した形でなければ、5人の魅力は発揮されない。それに期間限定ではなく、できれば恒常的な再結成をお願いしたい」「期間限定じゃなくて最結成して欲しい。AKBみたくメンバーが違う事務所に所属しててもいいんじゃないかな」との反応。

■関連記事
綾小路翔 溢れるジャニーズ愛、憧れは光GENJIも母が入所阻止
千葉に元気届けた!稲垣&草なぎ&香取、初フェスでトシちゃんと“合体”