もしかしてだけど
“コント芸日本一”を決める『キングオブコント(KOC)2019』決勝戦が21日、東京・赤坂のTBSで行われ、コンビ結成16年目のどぶろっくが12代目キングの栄光に輝き、優勝賞金1000万円を獲得しました。

この日どぶろっくは、1stステージ、2ndステージともに歌に合わせたネタを披露。1stステージで断トツの480点をたたき出すと、その勢いのまま2ndステージも455点を獲得。新星のうるとらブギーズの追撃を振り切って栄冠をゲットしました。

優勝が決まった瞬間、江口は「ヤバい…」と男泣き。森も「自分たちのスタイルをやったら評価された。幸せです!」と喜びをかみしめました。審査委員長を務めたダウンタウンの松本人志は「1stステージの貯金が最後まで効いた。見事だったと思います」と評価しました。



■どぶろっくが『KOC』12代目王者に 「夢じゃないよね?」

d000

 “コント芸日本一”を決める『キングオブコント(KOC)2019』決勝戦が21日、東京・赤坂のTBSで行われ、コンビ結成16年目のどぶろっくが12代目キングの栄光に輝き、優勝賞金1000万円を獲得した。

 どぶろっくはギターを持って歌う森慎太郎(40)と、帽子被ったコーラスの江口直人(41)からなる歌ネタを中心としたコンビ。「もしかしてだけど~」で始まる下ネタで大きな人気を集めた。この日も1stステージ、2ndステージともに歌に合わせた下ネタを披露。1stステージで断トツの480点をたたき出すと、その勢いのまま2ndステージも455点を獲得。新星のうるとらブギーズの追撃を振り切って栄冠をゲットした。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

どぶろっくが『KOC』12代目王者に 「夢じゃないよね?」

■どぶろっくが『KOC』12代目王者に 最後まで下ネタ貫く「夢じゃないよね?」


このニュースに対しネットでは、「ネタの内容は賛否両論かもしれないが、一番笑いを取っていたのはどぶろっくだろう。あの会場で一番笑いを取れば優勝なんです。おめでとうでいいじゃない」「優勝すると翌日朝からテレビに引っ張りだこだが、ネタ的に朝の番組でネタやってくださいとアナウンサーが言いづらいでしょうね。でも、スタイルを曲げて媚びずに面白いと思った事を続けていってほしいです」「個人的にはゾフィーが最高に面白かったけど、松本の「カメラワークに助けられた」の評価にはなるほどと思った。やはり視聴者と現場目線だと変わるんだなと納得させられる評価だった」との反応。

■関連記事
NHK大河ドラマ 「花燃ゆ」 、起死回生で一橋慶喜と島津久光の重役に芸人 「どぶろっく」 を起用
浅井企画 「どぶろっく」 の江口直人が書類送検、カミツキガメ無許可飼育の疑い