連続ドラマW 孤高のメス DVD-BOX今年7月に社長のジャニー喜多川氏(享年87)が亡くなったジャニーズ事務所の新体制が27日、同事務所の公式サイトで発表されました。

発表では、ジャニー氏のめいの藤島ジュリー副社長が新たに社長に就任し、昨年末にタレント業を引退した滝沢秀明氏(37)が副社長に。

滝沢氏は昨年末にタレント活動から引退。ジャニー氏からジャニーズJr.の育成やプロデュース面を引き継ぎ、今年1月にジャニーズ事務所の子会社「ジャニーズアイランド」の社長に就任していました。



■ジャニーズ新体制 ジュリー氏社長、滝沢氏が副社長

j000

今年7月に社長のジャニー喜多川氏(享年87)が亡くなったジャニーズ事務所の新体制が27日、明らかになった。同事務所の公式サイトで発表された。

ジャニー氏のめいの藤島ジュリー副社長が新たに社長に就任し、昨年末にタレント業を引退した滝沢秀明氏(37)が副社長になる。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

ジャニーズ新体制 ジュリー氏社長、滝沢氏が副社長

■Twitter モーメント


このニュースに対しネットでは、「反旗を翻すのが何人出るか楽しみだ」「ジャニーズがテレビ局から袖にされる日を楽しみにしてます」「正直何の才能もないのに、これだけの企業を支えるのは厳しい。普通は能力が無い本人が一番辛いはずだけど、その辺りは図太とそう」「みんなファザーを慕って入所しているから、よほどの限り有能じゃないとついていかないと思う」「もともとジャニーさんの少年を見極める能力があっての、今の事務所。それがないジュリーさんが社長に就任したところで。仮に現状を維持することはできたとして、新しいスターを見出すことはできないと思う」「この人が社長になることはわかっていたし、現状では大きく動かないだろう。この社長の母親が亡くなった後、そこからがジャニーズの大きな変動があるだろうね」との反応。

■関連記事
ふぉ~ゆ~福田&辰巳コンビ、 「ジャニーズあるある」 ネタで 『M-1』 1回戦突破
綾小路翔 溢れるジャニーズ愛、憧れは光GENJIも母が入所阻止